2018.6.13 今年もハリラヤがやってきます

ハリラヤのデコレーション

今日は、2018年6月13日。早い人では明日から休日となります。いや、マレー人ではここ数日すでに休みを取っている人も。

そう、いよいよマレー人の最大のお祭り、「ハリラヤ」がやってくるんです。

2018 ハリラヤについて

今年のハリラヤは6月15日(金)、6月16日(土)。日曜は元々お休みなので、週末は三連休ですね。

ハリラヤの休みを知らせる張り紙

「ハリラヤ休み。里帰りします。」の張り紙

イスラム教徒もイスラム教徒ではない人も、みんなお休みです。レストラン、ショッピングセンターなどは開いているお店も多いですが。

あと自営業の人も、中華系やインド系などは働く人もいます。

ハリラヤはイスラム教徒の方にとって、一年で一番大切な時期。宗教行事で一ヶ月ほど断食を行い、その断食明けを祝う休日がハリラヤです。

日本でいうところのお正月的な盛り上がりですね。

ハリラヤ時期のデーツ売り場

ハリラヤの時期に溢れかえるデーツ

ハリラヤの時期にはお祝いムードがすごい

お店はどこもハリラヤを祝う飾り付けであふれ、店内ではハリラヤを祝う歌 ( Lagu Raya ) が流れています。定番の歌から最近のポップ調のものまで、いろいろなバリエーションがあります。

もう耳にタコができるくらい、繰り返し繰り返し、ハリラヤの曲ばかり流れます。クリスマスにクリスマスソングしか流れていない感じでしょうか。

下の写真は、この時期の雑貨屋さんの店頭の雰囲気です。店頭はほぼハリラヤグッズで埋め尽くされていました。

ハリラヤの時期に大量のデコレーションを売るお店

ハリラヤのデコレーションが大量に出回る

写真を見ていただくとわかると思いますが、マレーシアのイスラム教徒を象徴するカラーはやはりグリーンとゴールドの組み合わせが多いですね。

ハリラヤの時期には買い物熱が高まる

ハリラヤの時期の特徴の一つは、とにかくみんな新しいものを新調したがること。日本のお正月のノリに似ているでしょうか。

新しい服、新しいカーテン、新しいじゅうたん、新しい食器と、とにかく新しいものずくしで新年を祝います。

ハリラヤの時期のショッピングセンター by flickr

というのも、断食の時期には日が昇っている時間帯に食事やお茶をすることが一切できません。ランチタイムももちろんそうです。

そのため、仕事をしている人ならランチタイムは買い物に出かけて時間を潰すことが多い様です。また、主婦の方や子供たちも午後から夕方にかけて買い物にいき、とにかく大量の食材を買い込んだり、なにかと買い物している様子をよく見ます。

食べられない分、時間を持て余すという感じでしょうか。

そんな理由もあり、このラマダン、ハリラヤの時期は散財の時期、とも感じます。お正月前には日本でもとにかくいろいろ買い込みますもんね。

さいごに

ハリラヤの時期には、実家に帰省する人が多く、クアラルンプールやジョホールバルなどの都市部は人が少なくなります。渋滞も軽減、通勤電車もガラガラという不思議。

逆に言えば、人混みが嫌いな人にとっては今の時期が都市部に買い物に行くのに最適と言えるかもしれません。

今はハリラヤセールも実施されていますので、この休みの時期はいつもより空いた都会でショッピングを楽しまれるのはいかがでしょうか。

【 2019年 】マレーシアの休日・祝日