【 一時帰国 】預け荷物が完全に重量オーバーしそうな場合のチョイスとは?

日本からマレーシアへの帰国時は荷物との闘い

海外在住経験者なら、きっと同意してくださるのではないでしょうか。

日本への帰国は毎回何を持って帰ろうか楽しみだけど、あれこれ買い出ししすぎていざ帰るときにスーツケースに入りきらない!もしくは規定の受託手荷物の限度を超えてしまった!ということになりがちです。

もしも空港のカウンターで超過していることがわかった場合には、オーバーしている分を減らすように言われたり、または割高な超過手荷物料金を払わされることになります。そうなると旅行の出発ですでにブルーになりますよね。

というわけで今回は、日本から持って帰ってくる荷物がどうしても大幅に超過する場合に使える、二つのチョイスをご紹介したいと思います。

また、同時に機内持ち込みを最大限活用する方法についても触れたいと思います。

あえて大量の荷物を持ち帰る場合の二つのチョイスとは

預け荷物の上限を超えているけど、せっかくだからできる限りたくさんの物資を持って帰りたい。そういう方もおられるかと思います。

私も、普段は航空会社の規定する重量制限を超過しないように気をつけて買い物するんですが、たまに思っていたよりも買い込みすぎた、また家族や知人からたくさん差し入れをいただいてどうしても全部持って帰りたい、というときがあります。

そんなときは、次の二つの方法を考慮します。

  1. 手荷物超過分を予約する
  2. 日本から郵送する

では、一つずつみていきましょう。

手荷物超過分を予約する

まず考えるのは、確実に超過しそうな重量の分だけ、前もって航空会社に予約しておく方法です。

航空会社によって規約やシステムが異なる場合がありますので、逐一自分の利用する航空会社別に確認が必要になります。

マレーシア航空の場合

まずは、私がよく利用するマレーシア航空。

マレーシア航空には、「プリペイド・バゲージ」というシステムがあります。

マレーシア航空公式サイトより

公式サイトの説明をみていただくとわかるように、通常空港のカウンターで超過料金を払うよりも 20 % も安く購入できるということです。

どうせ空港で払うのなら、絶対に予約しておいたほうが得ですよね。

重量は 5 ㎏ 単位で購入できるようです。最低が 5 ㎏、最高でも 3 ㎏ までですね。

マレーシア航空で日本→クアラルンプールに飛ぶ便は、いつも預け荷物は 30 ㎏ までですので、30 ㎏ は無料で、あとの 30 ㎏ は自腹だとして、最大で預け荷物は 60 ㎏ まで運んでもらえるということですね。

予約購入の料金は?

では、気になる予約購入の料金をみてみましょう。 予約購入の料金は、飛行距離によって五つのゾーン分けがされています。日本はゾーン 4 で、韓国やオーストラリアなどと同じ料金が適用されます。

プリペイド・バゲージ ( Kg )

料金 ( USD )
5120
10240
15360
20480
25600
30720

こちらは日本⇆マレーシア間のプリペイド・バゲージの料金となります。

つまり、もし 30 ㎏ 分のプリペイド・バゲージを購入したとしたら、720 USD を支払うということですね。今のレートだと、80,000 円ちょい。 荷物 30 ㎏ で 80,000 円ってことは、チケット代より高くなる可能性もあります。

もし 5 ㎏ だったら、120 USD。それでも 13,000円 くらいしますね。 この値段でも、空港のカウンターで払わされるよりは 20 % 割引になっています。

内容物にもよりますが、この値段を払ってでもどうしても持って帰りたいものなのか、それともあきらめて規定重量内に収めるか、決断が求められるところですね。

 もしもマレーシア航空で事前予約をする場合には、出発の 72 時間前までに申し込む必要があります。家を出発する直前になって、やっぱり超過してるから予約しようと思っても受付時間を過ぎていることがありますので、注意が必要です。

エアアジアの事前予約はもっとお得

次に、エアアジアで荷物の事前予約をするとどれくらいかかるか見てみましょう。エアアジアは格安航空会社なので、事前予約もマレーシア航空に比べて安いことが期待できます!

エアアジア公式サイトより

早速ホームページを確認すると、受託手荷物量を増やしたい場合は 20 ㎏、25 ㎏、30 ㎏、40 ㎏ ( 国際線 ) のサイズごとに事前予約が可能ということです。

発着便によっては予約できる手荷物の個数、制限重量に違いがあるようですので、詳しくは公式サイトからチェックしてください。

予約購入の料金は?

では、気になる予約購入の料金はどうでしょうか。

公式サイトでは出発地、到着地を入力すると荷物の料金を確認できるようになっています。

エアアジア公式サイトより

試しに、出発地を東京・成田、到着地をクアラルンプールに設定してみました。すると出てきたのが以下の表。( 日本語のサイトを利用の場合も、このページは英語ページになります。)

エアアジア公式サイトより

さすがエアアジアですね、感心してしまいました。超過荷物あるいは荷物の事前購入に「最初の予約時」「予約後の変更」「空港カウンター」という三つのグループ分けがなされています。

例えば、最初の予約の段階で追加預け荷物を 30 ㎏ 購入するとします。その場合は日本円で 5900 円。

ですが、もし予約後にやっぱり荷物をもっと追加したい、と 30 ㎏ 購入すると 6790 円に値上がりします。同じ重量なのに予約の段階で 890 円も変わるんですね。びっくりです。

ちなみに一番下段は空港カウンターで超過料金を払う場合。

その場合は一律なのでしょうか、重量にかかわりなく 6000 円払わされるみたいですね。ただし、その場合の重量は最大15 ㎏ までとなっています。

事前に購入すると同じくらいの値段を払って倍の荷物を預けることができる。そう考えると、前もって最初の予約の段階でしっかりどれくらいの荷物を持って帰るのか決定しておくべきですね。

マレーシア航空と比べると

マレーシア航空で事前予約すると、30 ㎏ で 80,000 円ほどかかりました。値段だけで比べると、エアアジアは 30 ㎏で 5900 円。驚くほど差がありますね。8,000 円と 5,900 円じゃないですよ、80,000 円と 5,900 円ですからね。その差は約 74,000 円⁈

というわけで、最初から飛行機で大量の荷物を持って帰ってくる予定のある方は、エアアジアを選択されることをお勧めいたします。

次のページでは、もう一つのチョイス「日本から郵送する」場合の料金、機内持ち込みを最大限に活用する方法、また空港カウンターで超過料金を求められた場合の緊急措置などについて説明しています。