マレーシアの気候

マレーシアの全体的な気候

赤道に近い場所に位置しているので 1 年 365 日常夏。
熱帯雨林気候に属しているので湿気の多い気候です。

年間の平均気温は 26~27℃程度。
最高気温が 34℃前後、最低気温 23℃前後と、日本の真夏に比べると過ごしやすく感じます。

注意
ただし油断は禁物。日中のじりじりと肌を焼く太陽の日差しには注意してください。

常夏でも季節がある?

マレーシアは常夏と書きましたが、モンスーンの影響を受けて、季節が変化しています。一般的には雨季と乾季に分けられますが、住んでいる身としては乾季というよりは暑い時期という認識です。

また、乾季ではあってもスコール ( 雷を伴う急激なにわか雨 ) があります。スコールが起こる時間帯や長さは、週単位、月単位で変化しているように感じます。

気候はマレー半島西海岸/東海岸で異なり、また半島/ボルネオ島でも異なります。

地元のマレーシア人の話では、昔は雨季と乾季がはっきり分かれていたそうですが、今では異常気象のせいか、はっきり雨季と乾季を分けることが難しいようです。

旅行のベストシーズン

移住される方は別として、短期で旅行にこられる場合はできるだけ雨は避けたいですよね。

基本的にはマレーシアの乾季は 3 月〜 9 月、雨季は 10 月〜 2 月と言われています。

旅行の目的にもよると思いますが、たとえばゴルフやダイビング、ビーチで南国を満喫したい、という方であれば乾季に来られることをおすすめします。

マレーシアでダイビング

逆に、暑いのは苦手、旅行の目的はショッピング&現地の美味しいグルメを満喫、という方であれば雨季の時期でも十分楽しめると思います。

とはいえ、毎年気候に変化もありますし、目的地によっても天気がぜんぜん違うということもありますのでお気を付けください。

旅行代金が一番安い時期は?

マレーシアは常夏ということもあり、年中観光客が訪れる旅行先に人気の国です。それでも、やはりピークシーズンがあり、反対に一番安い時期もあります。

マレーシアの祝祭日や出発地、旅行会社によっても差はありますが、基本的には 5 月から 9 月が安い時期だと言われています。

とはいえ、航空会社が頻繁にセールを開催していますし、半年から1年先のチケットが激安で手に入ることも。個人的には、マレーシアと日本それぞれの祝祭日、年末年始を避けて探しています。

格安で旅行する方法については、こちらの記事をご確認ください。

関連記事
マレーシアに格安で旅行する方法。自分が行きたいタイミングでのベストプライスを見つけるために比較すべきサイトの情報です。実際に活用して使えると思ったサイトしか載せていません。