【 お土産 】マレーシアで絶対外さないクッキー & お菓子系

マレーシアから日本に持って帰るマイナーなお土産のご紹介第 2 弾。

今回はクッキー & お菓子系を中心に、私がいつもお土産に買って帰るお菓子ブランドを紹介しますね😉

クッキーといえばの二大ブランド

1. Munchy’s

Munchy’s 公式サイトより

Munchy’s のクッキーはなかなかレベル高いですよ。

看板商品の Oat Krunch なんかは日本人が好みそうなオーガニックを謳っていますし、オーツや穀物系をふんだんに使ってちょっと高級というか、マレーシアの普通のクッキーとはレベルが違う印象です。

Munchy’s は 1991 年にマレーシアのジョホール州で開業した会社です👆意外と歴史は浅いですね。

マレーシアで Munchy’s のお菓子を食べたことのない人はいない、というほど国民的なお菓子の会社です。日本でいうところのカルビーや明治などのイメージでしょうか。

クッキーコーナーのかなりの面積を Munchy’s が占領しています。

しかも種類が多い。よく新商品も出るので、毎回の帰国でお土産に迷う人は、新商品を買って帰るのも手ですね。

私がいつも買って帰るのは、Munchy’s の「ダークチョコレート」クッキー。

Munchy’s 公式サイトより

1 RM ちょっとで売っている食べきりサイズから家族用の大きなサイズまで、渡す相手によってサイズが選べるのもポイントです💕

写真の16袋入りファミリーパックは、お店にもよりますが 8〜9 リンギット ( 約 244 円 ) ほどでしょうか。

小包装になっているので会社でのバラマキ用にも重宝しますし、またちょこちょこ食べたい自分へのお土産にもぴったりです。

Munchy’s 公式サイトより

個人的に、自分が一番よく食べているのはこちらの「クリームクラッカー」です。この商品、細長い形状と、焼いたばかりの香ばしさが残るサクサク食感が人気。

クッキーというとちょっと違うかもしれませんが、日本の淡白な味わいのクラッカーと比べると、こちらの方が好きな方も多いのでは。

少なくとも私はそうです。朝時間がないときなど、このクリームクラッカーと紅茶で済ませてしまうこともあるほど。

商品パッケージを見ていただくと分かるように、飲み物に浸して食べることができるのもこのクッキーの特徴です。

実はこの浸し食べが現地の人の間ではいたってデフォルト。そのために、わざわざ細長い形状にしているらしいです。

また、味がほんのり甘い程度でどちらかというとあっさりした食べ心地なので、あまり甘いクッキーが好きではない人にもおすすめのお菓子です。

Munchy’s 公式サイトより

こちらは「チョコレートウエハース」。一口サイズにカットされているので、みんなでつまんで食べるのにも適しています。

クッキーよりもウエハースの方が好きな人にはこの商品がおすすめですね。

Munchy’s 公式サイトより

こちらはいたって普通のチョコチップクッキー。

お子さんのおられるご家庭や、クッキー好きの友達には絶対喜ばれると思います💝

Munchy’s 公式サイトより

最後にご紹介するのはこちらのバリューパック。

パッケージも大きく、大容量でなおかつ 7〜8 リンギット ( 約 217 円 ) のリーズナブルなクッキーセット。

商品がたくさんありすぎて選べないという方、またせっかくだからいろんな種類を試してみたいという方、子どものいる家庭へのお土産をお探しの方にはこのタイプがおすすめです。

2. Julie’s

Julie’s もマレーシアのお菓子販売市場で大きなシェアを誇る会社です。

お菓子コーナーにいくとずらりとJulie’sのお菓子が所狭しと並べられています。

また、定期的に新商品も発売されるので、ついつい手に取ってしまいますね😅

パッケージのちょっと昔風のおさげの女の子は誰?という疑問は未だに解決されていませんが😂

Julie’s 公式サイトより

私の一番のお気に入りは、上の写真のピーナッツバタークッキーです。多分昔からある定番商品ですが、一番安定したやさしい味のクッキーだと思います。

ピーナッツバターが嫌いという人は論外として、まず外すことはない一押しの商品。

とはいえ、一気に食べるとカロリーが気になるので、買うときは小さい個装になっている商品を選びます。お出かけのときにも、職場でちょっとおすそ分けしたいときにも重宝しますよ。

Julie’s 公式サイトより

次にご紹介するのはバタークラッカー💕

これも初めて食べたときに衝撃を感じる美味しさでした。

あのサクサクしたクリスピー感とバターの風味がたまらない😊

しばらくはまってこればかり買ってました😂

Julie’s 公式サイトより

こちらのレモンクリームがサンドされた商品も最高。

全体的に甘すぎず、レモンのほのかな酸味が味を引き締めています。これもハマりました。。。

ほのかな甘さとさっぱりした酸味のバランスが絶妙で、味に敏感な日本人の口にも合う希少な商品だと思います。

こういうハーシーズシリーズもあります。

Julie’s 公式サイトより

細長いフィンガーサイズで食べやすい。

お値段もお手ごろ。

こちらは今のところ写真のサイズしか見たことがありません。

Julie’s 公式サイトより

こちらのラブレターシリーズも不動の人気を誇っています。

日本でもこういうお菓子ありますよね?サクサクとした軽い食べ心地で、私は冷蔵庫で冷やして食べるのが好きです。

味はチョコレートクリームとホワイトチョコクリームの二種類。

どちらも美味しくておすすめですが、多分チョコレートクリームの方がお土産としては相手を選ばない気がしますね。

まだまだあるマレーシアらしいおすすめのお菓子

1.Kit Kat

どうしてわざわざキットカット??と思われるでしょうか😌

実はマレーシアにはマレーシア人が好むような味の、ご当地キットカットが売られています。

日本で売っているキットカットとは違う味のキットカット。

上段がクッキー & クリーム味で、下段がキャラメル味。

売り場をもう少し引きで見てみますと…

キットカットが売り場を占領しています‼️

マレーシア人、どんだけキットカット好き??😂

日本で販売していない味を見つけて、お土産に買って帰ると喜ばれますよ。

2. 地元色の濃いクッキー

マレーシアでよく見かけませんか?こういう透明の容器に入ったクッキーたち。

各民族のお祭りのときはもちろん大量に出回りますし、お祭りではないときもスーパー等で購入できます。

地元の友達の家に遊びに行くと、こういうクッキーをよく振る舞われますが、手作りクッキーに近い味わいで、すごく美味しくてびっくりしました💕

容器が透明なので、中身をよくみて選べるのもポイントの一つです。大きさも小ぶりのものから大家族用までいろいろ。

せっかくマレーシアに来たのだから、地元感あふれるお土産を、という方にはおすすめです😉

3. Twisties

はい、いわゆるスナック菓子ですね。

これ、すごく美味しくて食べだしたらとまらない😆

チキン味もチーズ味もどちらも美味しいです。明治カールを細長くしたバージョンって感じかな笑。

一袋 2 RM ちょっとで売っていますので、お土産にまとめて買っても財布に優しいです😁

4. Krupuk

 

こちらはクルポッと呼ばれる揚げ菓子です。

日本風にいうとえび煎餅みたいな感じ?

軽い食感でさくさくしていて、いくらでも食べれちゃいます。

揚げたものを袋詰めして売っている場合もあるし、揚げる前のものが売っていることも。

個人的には揚げる前のものを買って、自分で揚げてもらう方がより美味しくておすすめです😉

下の写真のこういうカラフルなのも😁味は意外にあっさりしています。

写真でクルポッに添えられているのはスイートチリソース。

クルポッ + チリソースの組み合わせがまた最高なんです!おつまみにぴったり笑。

まだ試したことのない方は、ぜひ一度マレーシア特産のお土産挑戦してみてくださいね。