行った&行ってみたいリゾート②

プルフンティアン島

行った&行ってみたいリゾートシリーズ第二弾。今回はマレーシアの秘境といわれている「プルフンティアン島」を調査しました。

基本情報

マレー語島名:Pulau Perhentian Islands

地図でわかるように、大プルフンティアン島と小プルフンティアン島が主な島。

プルフンティアン島

マレーシアのトレンガヌ州に属していて、本土からは25キロほど沖合にあります。ちなみに、先日ご紹介したレダン島の北西に位置します。

タイとの国境にほど近く、マレーシアの他のリゾート地に比べるとアプローチしにくい場所かもしれません。その代わり、混雑したリゾート地とは違う素朴な自然豊かな休日を楽しめそうです💕

アクセス方法

プルフンティアン島の最寄の空港はコタバル空港です。日本からお越しの場合はクアラルンプール国際空港からコタバル空港まで直行便が出ています。

FireflyAirAsiaLionAirMalaysiaAirlinesMalindoAirなど多数の航空会社がクアラルンプールからコタバル空港の直行便を運行しています。

クアラルンプールからは約一時間ほどのフライト時間。あっという間ですね。ただし、コタバル空港からさらにスピードボートの出る港、クアラベス ( Kuala Besut ) まで移動する必要があります。

プルフンティアン島へのアクセス

photo by wikimedia commons

空港でタクシーとボートがセットになった券が発売されていますので、案内所でたずねてください。料金は148RM ( 約 4,115 円 ) です。この方法だと島まで一時間半で到着らしいです。

もっと安い方法で。。。という方はバスで行く方法もあります。空港外のバス停から9番に乗りコタバル市内へ。

そこからまた乗り換えて639番のバスでクアラブスまで向かってください。スムーズに行けば一時間半ほどでいけるはずです。

クアラブスのボートターミナル

photo by wikimedia commons

ボート乗り場のターミナル。

ちなみに、スピードボートは20分ほどの乗船時間ですので、長時間の船旅は苦手、という方でもあっという間ですね。