マレーシアで病院にかかったら「海外療養費制度」は使える?

サバ州の病院

海外に移住を考える際に気になることの一つは、「もしも病気になったらどうする?」ではないでしょうか。たまたま何もなく過ごせれば一番ですが、急病にかかったり、事故や怪我にあう可能性は誰にでもあり得ます。

そこで今回は、マレーシアの医療機関で治療を受けた場合に「海外療養費制度」は使えるのか?という論点に絞って解説したいと思います。

海外療養費制度とは?

海外療養費制度とは、日本国外で支払った医療費の一部が払い戻される制度です。国民健康保険や社会保険等に加入している方であれば、日本で医療機関にかかった場合と同じように、医療費の払い戻しを受けることができます。

ここでは、国民健康保険での請求方法に的を絞ってご紹介します。

請求方法

請求方法には、いくつかの段階があります。日本のように保険証を見せて終わり、というわけにはいきませんので、しっかりと必要なステップを確認してください。

申請用紙の取得

まずは、医療機関に出向く前に、申請用紙を印刷しておきましょう。もしくは、日本を出発する前に、各市町村の健康保険窓口にて、必要書類を受け取ることもできます。

申請に必要となる重要書類は、「診療内容明細書」と、「領収書明細」です。

日本で用紙を準備できなかった場合は、各市町村のホームページ、もしくは健康保険組合のホームページからダウンロードできると思います。

東京都杉並区を例に挙げますと、公式ホームページ内に「海外療養費支給申請に必要な書類」というページが用意されています。

ページの下部には海外療養費支給についての詳しい内容が記載された添付ファイルが用意されていますし、申請書に関してもこのページからダウンロードすることが可能です。

実際にダウンロードした診療内容明細書がこちら。書類は全部で6枚ありました。そのうちの病院で記入してもらう2枚がこちら。

病院にかかる際は、この書類を絶対に忘れないようにしてくださいね。