マレー語で「泣く」ってどういうの?

今回は、マレー語のレッスンです。

「泣く」をマレー語で言いたい

「泣く」はマレー語で「 Nangis 」。「ナンギス」と発音します。英語の「 Cry 」に相当する語ですね。

google辞書では、なぜか日本語訳が「叫び」笑。google辞書のマレー語翻訳はまだまだですね。

会話例

「泣く」という単語は、実際に涙を流して泣くときだけでなく、様々なシチュエーションで使える便利な言葉です。

たとえば、「泣きたい気分だわ。」というときは、「 Saya mau nangis ( サヤ マウ ナンギス ) 」といいます。まだ泣いていないけど、泣きそう、という意味ですね。

また、他の人が泣いているのを見たときは、「 Dia ( 彼が/彼女が ) nangis 」と言います。

文法的により正確なのは、「泣いている」と動詞形でいうときは「 menangis ( メナンギス ) 」となりますが、普段の会話ではどちらでも通用します。

泣ける音楽?

音楽を聴いて泣ける、というときにも普通に「 Nangis 」を使います。「泣かせる歌」といいたいときは、「 Lagu yang bikin nangis ( ラグ ヤン ビキン ナンギス ) 」ですね。「 bikin nangis 」の部分が「泣かせる」に当たります。

たとえばこんな曲。

マレー語で歌い上げる、切ない恋のバラードソングです。

ちなみに、「悲しい」は「 Sedih ( スディ ) 」、「大泣きする」は「 nangis sampai banjir ( ナンギス サンパイ バンジール ) 」といいます。

よかったら使ってみてくださいね。