マレー語の名詞 (Kata Nama)

名詞(Kata Nama)

マレー語の名詞(Kata nama)には、普通名詞(Kata nama am)、固有名詞(Kata nama khas)、派生名詞(Kata nama terbitan)の3種類がある。

普通名詞(Kata nama am)

普通名詞とは、人、動物、物、場所の一般的な名称として使われる。

例)komputer(コンピュータ)、roti(パン)、rumah(家)、singa(ライオン)、ikan(魚)、ular(蛇)、pemuda(若者)、penyelia(監督)、penulis(筆者)、dewan(ホール)、hospital(病院)、padang(野原)

固有名詞(Kata nama khas)

固有名詞とは、人、動物、物、場所の固有の特別な名称として使われる。固有名詞の一文字目は、アルファベットの大文字で書くこと。

例)Saga(国産車の名前)、Petronas(ガソリンスタンド)、Sarawak(州の名前)、Gunung Kinabalu(キナバル山)

派生名詞(Kata nama terbitan)

派生名詞とは、元になる単語に接頭辞や接尾辞を付けることで、派生させて作り出された名詞のこと。

元の単語派生名詞
minum 飲むminuman  飲み物
baca    読むpembaca  読者・朗読者
jahat    悪いkejahatan
bulat    丸いbulatan