マレー語の発音の注意点

マレーシア人

日本語でも方言によって発音やイントネーションが変化します。外国語ともなるとその違いも大きくなります。現地の人を驚かすことができるように、マレー語の発音にまつわる注意点を見てみましょう。

母音が続く場合の発音

日本語で「青い家へ行く」と言う場合、「あ・お・い・い・え・へ・いく」と区切って言うことはありません。いくつかの母音をひとまとまりにして「あおい・いえへ・いく」のように、音を混ぜ合わせて発音します。

マレー語では、母音が続いた場合には、しっかりと区切って発音します。

buaya
ぶ・あ・や
ワニdia
でぃ・あ
彼・彼女
keluar
く・る・あー
出口air
あ・えー
ais
あ・い(s)
taat
た・あっ
従う

子音が続く場合の発音

マレー語の子音は、口の中のどの部分を使って発音するかで分類できます。

単語内ではあまり見かけませんが、発音区分の異なる子音が連続している場合があります。日本語では、この子音の発音区分をそれほど気にしない言語なので、発音しやすいように、前の子音を後ろの子音の区分に合わせて発音する事があります。

例えば…

「おはよう」という意味の “Selamat pagi” の場合、最初の “Selamat” は歯の裏の子音 “t” で終わり、次の “pagi” は唇の子音 “p” で始まります。日本人的には発音しにくいので、後ろに合わせて “Selamap pagi” というように音が自然と変化してしまうことも…。現地の人には耳障りな変化になってしまうので、注意が必要です。

外来語の発音

英語などを由来とする外来語は、マレー語のスペル通りに発音せず、元の言語の発音をまねた音で発音することがあります。

vakumばくん → バキューム掃除機gasが(s) → ギャスガス
Macまち → マーチ3 月komputerこんぷたー → コンピューターコンピュータ