マレー語の文の種類(平叙文)

マレー語文法

平叙文とは何かを伝える文

平叙文とは、事実や意思をありのまま述べる文です。会話の場合は文末は下げて発音します。書き言葉の場合は文末にピリオド “.” を付けます。

平叙文はさらに 2 種類に分類されます。「〜である / 〜する」という意味の肯定文と、「〜ではない / 〜しない」という意味の否定文があります。

マレー語の平叙文の基本構造

主語否定述語
Saya
わたし(は)
(bukan)
(ではない)
(tidak)
(ない)
pelajar.
学生(です)。
名詞
Pisang ini
このバナナ(は)
manis.
甘い(です)。
形容詞
Dia
彼(は)
dari Jepun.
日本から(来ました)。
前置詞句
Kamu
あなた(は)
membaca buku.
本を読む。
動詞

マレー語の平叙文はとても単純。主語の後に、述語をそのままくっつけるだけ。マレー語の平叙文の基本構造は、「主語+述語」の形。

述語には、名詞句、形容詞句、前置詞句、動詞句などが入る。

このページでは、述語に名詞句が入る場合と、形容詞句が入る場合、前置詞句が入る場合について取り上げる。述語に動詞が入る場合に着いては別ページで取り上げる。

述語に名詞がくるマレー語平叙文

主語述語(名詞)
Saya
わたし(は)
pelajar.
学生(です)。
Ali
アリ(は)
manis.
甘いです。
Dia
彼(は)
orang Jepun.
日本人(です)。

マレー語は主語と述語のつなぎとして、英語の “is, am, are” に相当するものをつける必要はない。

ただし、述語の部分に長い説明を伴う場合や、述語を強調したい場合は、主語と述語の間に “ialah” を使う。

述語が名詞の否定文

名詞が述語の文を否定する時には、主語と述語の間に “bukan” を入れる。”tidak” は使えないので注意。

主語否定述語(名詞)
Saya
わたし(は)
bukan
ではない
pelajar.
学生
Ali
アリ(は)
guru.
教師
Dia
彼(は)
orang Jepun.
日本人

述語に形容詞がくるマレー語平叙文

主語述語(前置詞)
Saya
わたし(は)
gembira.
学生(です)。
Pisang ini
このバナナ(は)
manis.
甘い(です)。
Dia
彼(は)
tinggi.
(背が)高い(です)。

述語が名詞の時のように、主語と述語のつなぎとして、英語の “is, am, are” に相当するものをつける必要はない。

ただし、述語の部分に長い説明を伴う場合や、述語を強調したい場合は、主語と述語の間に “adalah” を使う。

述語が形容詞の否定文

形容詞が述語の文を否定する時には、主語と述語の間に “tidak” を入れる。”bukan” は使えないので注意。

主語否定述語(前置詞)
Saya
わたし(は)
tidak
ではない
gembira.
学生
Pisang ini
このバナナ(は)
manis.
甘い
Dia
彼(は)
tinggi.
(背が)高い

述語に前置詞句がくるマレー語平叙文

主語述語(前置詞句)
Saya
わたし(は)
dari Jepun.
日本から(来ました)。
Pisang ini
このバナナ(は)
untuk kamu.
あなたへ(のものです)。
Filem itu
その映画(は)
tentang cinta.
恋について(です)。

述語が名詞の時のように、主語と述語のつなぎとして、英語の “is, am, are” に相当するものをつける必要はない。

ただし、述語の部分に長い説明を伴う場合や、述語を強調したい場合は、主語と述語の間に “adalah” を使う。

述語が形容詞の否定文

前置詞句が述語の文を否定する時には、主語と述語の間に “bukan” を入れる。”tidak” は使えないので注意。

主語否定述語(前置詞)
Saya
わたし(は)
bukan
ではない
dari Jepun.
日本から
Pisang ini
このバナナ(は)
untuk kamu.
あなたへ
Filem itu
その映画(は)
tentang cinta.
恋について