マレー語で「いとこ」「甥・姪」をなんていう?家族構成に関するマレー語 ⑵

今回は、家族構成に関するマレー語、第二弾です。

三親等の親族の呼び方

使う頻度は一親等二親等ほどではありませんが、親族関係の濃厚なマレーシアでは、意外と三親等の親族も会話に出てきたりします。できれば覚えておくと便利です。

おじおば

おじ、おば、はよくこちらの人の会話に出てきます。

おじ=Pakcik ( パッチッ )
おば=Makcik ( マッチッ )

本当のマレー語は上記のように言うのですが、最近のマレー語は英語がかなり混ざっていて、普通に「 Uncle saya ( アンクル サヤ ) 」と言ったりします。

いとこ

いとこ=Sepupu ( スププ )

いとこもよく英語を使いますね。たいてい「カズン」で通じると思います。

おいめい

おい・めい=Anak buah ( アナッ ブア )

その他の家族の呼び名

夫婦

夫婦のことをマレー語では「 Suami-isteri ( スアミ イステリ ) 」といいます。

たとえば自分の夫を紹介するときや、夫の話をするときは、「 Suami saya ( スアミ サヤ ) 」と呼びます。

逆に妻のことを話すときは、「 Isteri saya ( イステリ サヤ ) 」です。

家族そのもの

「家族」そのものを忘れていました。

「家族」を表すマレー語は「 Keluarga ( クルアールガ ) 」です。

マレーシア人は家族のことを話題にするのが大好きです。きっと家族について聞かれるような機会があるかと思います。

両親

お父さん、お母さんと分けてではなく、両親が〜と言いたいことがありますよね。そのようなときは、「 Ibu-bapa saya ( イブ バパ サヤ ) 」と言います。

なぜかお母さんが先ですね。

あとは、「 Orang tua saya ( オラン トゥア サヤ ) 」という言い方をすることもあります。

親族

家族ではない親族のことは、「 Saudara-mara ( サウダラ マラ ) 」と言います。マレーシア人は親戚付き合いが広くて、日本では考えられないくらいたくさんの親戚がいます。

そのため、日常会話でも「サウダラ マラ」の話は結構頻繁に出てきますよ。

マレー語で「父・母」「兄弟」をなんていう?家族構成に関するマレー語 ⑴