マレーシアの道路名や地名は覚えやすい?

マレーシアに住んでいると、必然的に道路の名前や住所に触れる機会が多くなります。

はじめは言語が全然わからなかったため、覚えるのに一苦労しました。ですが、マレー語がわかってくると、マレーシアの道路名や住所は意外と覚えやすい名前が多い!

というわけで、いくつかご紹介していきます。

道路名

「 JALAN PASIR PUTIH 」

by Kerina yin – Own work

「 PASIR 」とは「砂」、「 PUTIH 」は「白い」という意味ですので、この通り名はつまり、「白砂通り」となりますね。

「 JALAN STESEN 」

「 STESEN 」が「駅」の意味ですので、この通り名は「駅前通り」となります。

「JALAN PETALING」

by Ahmad Fuad Morad

「ペタリン通り」は日本人の間でも有名な観光地ですよね。マレーシア観光で一度は行ったことのある場所ではないでしょうか。

「PETALING」というのは、植物の種類(落葉樹)を指しています。日本語でいうところの、「ボロボロノキ科」らしいのですが、どなたかご存知でしょうか💦

こういう植物

by Ahmad Fuad Morad

他にも、「 JALAN CAHAYA ( 光通り ) 」、「 JALAN INDAH ( 美しい通り ) 」、「 JALAN KUCHING ( 猫通り ) 」、「 JALAN BINTANG ( 星通り ) 」、「 JALAN DURIAN ( ドリアン通り ) 」などなど、親しみやすく覚えやすい名前が多いです。

町の名前

町の名前も、通り名と同じように安易な名前が多いですね笑。

たとえば、「 BUKIT BARU ( ブキッ バルー ) 」は「 BUKIT 」が「丘」、「 BARU 」が「新しい」ですので、意味は「新しい丘」( ←そのままやん!)ですね。

また、「 BUKIT BERUANG ( ブキッ ベルアン ) 」なんていう物騒な町の名前も。「 BERUANG 」は「熊」です。「熊の丘」。。。日本だと「熊ヶ丘」になりますでしょうか😅

「 SUNGAI SIPUT ( スンガイ シプッ ) 」も興味深いです。「 SUNGAI 」は「川」を意味していますが、「 SIPUT 」はなんと「かたつむり」。「かたつむり川」という町の名前なんて、ちょっと不思議。

「 KAMPUNG BAHAGIA ( カンポン バハギア ) 」はどうでしょうか。「 KAMPUNG 」は「村」、「 BAHAGIA 」が「幸福」です。訳して「幸福村」?ちょっと日本だとありそうでない名前かな😅あったらすいません。

まだまだたくさん取り上げたいですが、このあたりにしておきます。多すぎてキリがないので。。。

というわけで、マレーシアの珍しい道路名や興味深い地名など、みなさんも探してみてはいかがでしょうか😊