マレー語の発音: 母音

母音の発音

マレー語の単母音は全部で a, i, u, e(あいまい), e(スマイル), o の 6 つあります。基本的には日本語と同じ発音なので、日本人にとって発音しやすいはずです。ちなみに e の音には あいまい e とスマイル e の 2 種類があるので順番にご紹介します。

マレー語の母音一覧表

a: 「あ」

日本語の「あ」とほぼ同じ音。口は気持ち大きめに開いて発音しましょう。
例:saya (私)、mata (目)、kaya (裕福)、nanas (パイナップル)

音の変化

西マレーシアでは、単語の最後にある「あ」が、あいまいな e の音に変化する場合があります。

  • nama(名前)→ 読み: na-me
  • saya(私)  → 読み: sa-ye
  • ada(ある) → 読み: a-de

i: 「い」

日本語の「い」よりも広く口を横に開いた音です。「イーだ!」というときの「イ」ぐらいはっきりと発音してみましょう。
例:ini (これ)、kiri (左)、pipi (ほっぺた)、kita (私たち)、tiga (3)

発音の注意点

単語の最後が h、k、r、n で終わる場合、その直前の「い」は「え」のような音に変化します。

  • putih (白い) → 読み: pu-teh (ぷてっ)
  • balik (帰る) → 読み: ba-lek (ばれっ)
  • masih (まだ) → 読み: ma-sih (ませっ)

u:「う」

日本語の「う」よりも唇を丸めて突き出した音です。口笛を吹く時のような口の形を意識しましょう。
例:susu (牛乳)、buku (本)、guru (教師)、bulan (月)

発音の注意点

単語の最後が h、k、r、ng で終わる場合、その直前の「う」は「お」のような音に変化します。

  • kampung (村、田舎) → 読み: kam-pong (かんぽん)
  • tidur (寝る) → 読み: ti-dor (てぃどー)
  • duduk (座る) → 読み: du-dok (どぅどっ)

e:普通の e

マレー語のスペルに登場する e はほとんどこの音です。英語のあいまい母音と言われる音とほぼ同じで、意識すればするほど下手になる音です。あいまいな音なので、できるだけ短く発音しましょう。

例:terima (受け取る)、peta (地図)、beli (買う)、kedai (店)

発音のコツ

ちゃんと発音しようとすればするほど変な音になります。なので e を無視してみましょう。

  • besar (大きい) → 読み: bさー (「さー」の前に b を添えるだけ)
  • depan (前) → 読み: dぱん (d は添えるだけ…)
  • selamat (あいさつでよく使う表現) → 読み: sらまっ (s は添えるだけ…)

e:スマイル e「え」

表記上、普通の e とスマイル e には違いがありませんが、アクセントが付く e の音です。日本語の「え」よりも口を横に開いて (スマイルで) 発音します。「え~っ!」と驚く時のような「え」を意識して発音してみましょう。

辞書によっては、スマイル e で発音する部分にアクセント記号 (é) が付いている場合もあります。

例:méja (机)、ésok (明日)、nénék (おばあちゃん)、keréta (車)

o:「お」

日本語の「お」よりも唇を丸めて突き出した音です。とても驚いたときの「お~!」みたいな感じ。

例:tolak (押す)、boleh (できる)、kopi (コーヒー)、roti (パン)