マレーシアの台所用洗剤はジョイがおすすめ!

マレーシアでおすすめの台所用洗剤joy

今日はマレーシアでおすすめの台所洗剤をご紹介したいと思います。マレーシアでも台所用洗剤は種類がたくさんあり、初めての方だとどれを選べばいいのか悩ましいところかと思います。

お値段もピンキリ。安いものだと日本の三倍以上もありそうな大きなボトルの洗剤が3〜4リンギットで売っていますし、高いものだと5リンギット以上します。

そこで、今回オススメするのが上の写真の「ジョイ(JOY)」という洗剤です。日本にも同じ名前の商品ありますよね?そこから取ったのか分かりませんが、とにかくマレーシア版ジョイです。

ジョイとはどんな製品?

去年あたりからスーパーでよく見かけるようになったものの、他の商品と比べると割高だったので躊躇していました。お値段は一つ5リンギット(約 130 円)前後。

お店によっては6リンギット以上していることもある、少々リッチな洗剤です。

パッケージをよくよく見てみると、他の洗剤と比べてはるかに持ちがいい!というような宣伝文句。

マレーシアってこういう宣伝しててもたいして効果が薄かったりと期待はずれのことが多く、ジョイも本当のところどうなんだろうと信頼していませんでした。

でも、もし他の商品と比べて三倍もつなら、数リンギット高く払ったとしてもお得ですよね。

それにボトルも他の洗剤と比べて小さめなので、買い物荷物を持って買えるときに少しでも軽くなって助かります。

試した結果

というわけで、セールになっていた時を見計らって試してみることに。

現在使い始めて約三週間ほど経過しましたが、毎日朝昼晩使っているにもかかわらず、まだ半分ほど残っています!

確かに泡の持ちがよく、油汚れも他の商品と比べて落ちやすいと感じます。少量でよく落ちることを願って、スポンジに取る際も若干量を少なめに調整して使っていますが、以前より少量で普通に洗えています。

予想では、1ヶ月以上は軽く持ちそうですね。以前使っていた「クアットハリマウ」は900mlも入っていて毎回持ち帰るのが大変。しかも減りが早く、900mlが1ヶ月でなくなります。

お値段的には4リンギットほどで売っているので、ジョイよりは安いのですが、持ちが悪く、持ち帰るのに重く、ボトルが大きくて場所を取る!

そう考えるとジョイは5リンギットほどするものの1ヶ月以上もち、ボトルも小さめで使いやすいです。

以上、マレーシアでの台所用洗剤選びに迷っておられる方にはぜひおすすめの「ジョイ」のご紹介でした!

関連記事:クラブフロア、クラブラウンジのあるマレーシアのホテル大全集