マレーシアの食べ物屋さんの裏側

マレーシアの屋台街。旅行中一度は目にすることがあるかと思います。

特に夜や週末になると人がたくさん集まってきて、雰囲気だけでも十分アジアを楽しめるスポットですね。

通りを歩いていろんなお店を見て歩くだけでも楽しいのですが、何回も通うようになると、お店で調理する人、働いてる人、きれいか汚いかなどなど、お店の裏側も気になって注目しだします😁

屋台で料理する人

こちらの写真は麺屋さんですね。油を入れて、これからちょうど炒め出すところでしょうか。手際がよろしいです。おかげで写真もぶれます汗

マレーシアの屋台

すごいな〜、手早く料理するな〜と感心してみていたわたくし。その直後にふとガス台に目をやってしまいました。。。なかなか凄惨な現場です😓

でもこのお店の春雨を使った炒め麺が最高に美味しいんですよね。汚さには目をつぶって通ってます。。。

屋台で洗い場で働く人

そしてふと横をみると洗い物をしている女性たちが。なるほど、タライとホースを使ってがっつり道端で洗ってます。それはいいんですが、タライとホースでどこまできれいに洗えるのか。。。

洗っている様子をじっと観察してると、お店のお皿やフォークを使うのが怖くなってきました。。。気になる方は除菌ティッシュなどでお箸やスプーンを清めてから食べられることをおすすめします。

レストランで料理するおじさん

一方、我が家がよく通っている別の麺屋さんの台所。ぴっかぴかですね!

洗い場も食器も、調理器具も、すべてがきちんと整理整頓されて、まるで日本のよう!いや、日本の中華料理屋さんよりきれい?!

こういうお店では本当に安心していただくことができます。。。

みなさんも、外食の際にはお店の裏もしっかり確認して、安全に旅行を楽しんでくださいね。

ただし、こういう説もあります。

汚い屋台や下町の小さい店が実はものすごく美味しかったりする。。。

汚い屋台に朝いけば基本うまし!笑。

関連記事:マレーシアの電気事情と準備すべき電源プラグ