ラブアン (Labuan)【マレーシア旅情報】

ラブアン島

基本情報

人口:8万8千人
産業:金融業務、観光業
面積:92km2

By wikipedia

上はマレーシア全体図の中のラブアン島の位置を指しています。

下の地図はラブアン島の詳細地図です。

ラブアン島地図

島の概要

東マレーシア、サバ州の州都コタキナバルから約 115 km、ジェット機で約 20 分の距離。島の造りは平坦で、マレー半 島のリゾートアイランド、ティオマン島とほぼ同じ面積。

現在、マレーシア連邦直轄地域で自由港。1990年にラブアンオフショア金融サービスセンター  ( LOFSA ) が設立され、タックス・ヘブン・オフショア ( 租税回避地 ) となっている。この政策のため島全体が免税で、物価がとても安い。

ラブアン

歴史的には、第 二次世界大戦中、日米海軍、空軍の交戦の場となった。日本海軍の戦艦「武蔵」もこの島の沖合いで沈没したと言われる。上は「 War cemetery 」。

ラブアン島の夕日
Photo by Jorge Láscar

アクティビティーと主なみどころ

ダイビング

四隻の大型船が近海で沈没しているため、Wreck Diving(沈没船ダイブ)のスポットとして人気。隣国ブルネイからも多くのダイバーが集まる。

ダイビングができてお酒も安い!