マレー語初心者必見!ゼロからスタートのマレー語完全初心者が押さえておくべきポイント

マレーシアの公用語であるマレー語。日本ではほぼ触れる機会のない言語のため、ほとんどの方が「何から勉強したらいいかわからない!」と悩まれます。その上、マレー語は日本語で書かれている教材も少なく、勉強しずらい環境なのも確か。

当記事では、ゼロからマレー語を学ぼうとしている「マレー語完全初心者」に向けて、押さえておくべきポイントをまとています。まずはそれぞれのポイントを勉強して、これから先のマレー語学習の土台としていただければと思います。

マレー語で曜日(月〜日)と月(1〜12月)を覚えよう!

1. マレー語紹介

1-1. マレー語とは

まずは、マレー語という言語そのものの自己紹介。マレー語という言語について基本情報を学びましょう。

記事を読む

1-2. マレー語辞書の開きかた

言語を学ぶのに必須の辞書。マレー語辞書は開くのに少しコツがいります。まずは辞書の開き方を覚えましょう。

記事を読む

1-3. マレー語紹介 その2

マレー語の時制感覚、語形の変化について。

記事を読む

1-4. マレー語紹介 その3

マレー語の基本的な文法の型。

記事を読む

マレー語で「泣く」ってなんていうの?

2. マレー語の発音

マレー語をしっかり学ぶために大切な発音を、一つ一つ記事内で解説しています。

2-1. 母音

マレー語の母音は全部で6つ。それぞれの発音の仕方と注意点、発音のコツなどをわかりやすく解説。

記事を読む

2-2. 唇の子音 (m,b,p,f,v)

子音の中でも、唇を使って発音する子音5つを詳しく取り上げています。

記事を読む

2-3. 歯の裏の子音 (n,d,t,z,c,j,s,ny)

歯の裏を使って発音する8つの子音について、それぞれの発音の仕方と注意点など解説しています。

記事を読む

2-4. のどの子音 (ng,g,k,kh,gh,h)

のどを使って発音する子音は6つあります。

記事を読む

2-5. その他の子音 (LとR)

日本人がよく苦手と言われるLとRの発音。それぞれの発音の違いと、発音の仕方を解説しています。

記事を読む

2-6. マレー語の発音の注意点

母音が続く場合の発音、子音が続く場合の発音、外来語の発音に関する解説です。

記事を読む

さいごに

以上、マレー語完全初心者が押さえておくべきポイントを、マレー語紹介と発音に分けてご紹介しました。

今後、細かい文法や数字、日常会話など学ぶべきことはたくさんあるかと思いますが、まずはマレー語の基本、発音を押さえていただくことが大切です。

マレー語は比較的マスターしやすい言語と言われていますので、ぜひ基本をおさえてどんどん文法や単語など積み上げていっていただければと思います。

マレー語⇄日本語、グーグル翻訳の正確さを検証してみた