マレーシア観光、ペトロナスツインタワーでオーケストラを楽しむ!

マレーシアフィルハーモニーオーケストラ

マレーシアに旅行に来られる方は、買い物や食事、マリンアクティビティに観光など、それぞれ楽しみ方も色々かと思います。

ですが、何度もマレーシア観光をしている方、また現地在住の方は何かもっと他の楽しみ方を探しておられる方も多いのでは?

というわけで、コンサートホールでの音楽鑑賞なんていかがでしょうか?

今回は、マレーシアを代表するオーケストラ楽団「マレーシアフィルハーモニー管弦楽団」のコンサート情報をご紹介したいと思います!

会場

ペトロナスツインタワーの中でオーケストラを楽しむ
クアラルンプールのランドマーク、ペトロナスツインタワー

まずは会場の情報から。

タイトルでも書いてますが、このコンサートホールはペトロナスツインタワー内にあります。

めちゃくちゃ便利です。コンサートのためにわざわざ遠いところに移動しなくても、クアラルンプール観光のついでに気軽に訪れることができます。

会場名称:Dewan Filharmonik Petronas
住所:Jalan Ampang, Kuala Lumpur City Centre, 50088 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
電話番号:03-2331 7007

下に地図を貼り付けますね。まさにクアラルンプールのど真ん中にあります。

マレーシア・フィルハーモニー管弦楽団

ウィキペディアで調べて見ました。

マレーシア・フィルハーモニー管弦楽団英語: Malaysian Philharmonic Orchestra)は、マレーシアの首都クアラ・ルンプールを拠点として活動する交響楽団である。英語名の頭文字を取ってMPOと略されることもある。クアラ・ルンプール中心部のKLCC(Kuala Lumpur City Centreの頭文字を取ったもの)に建つペトロナスツインタワー内にあるペトロナス・フィルハーモニック・ホールを本拠とする[1][2]。1997年にケース・バケルスを初代首席指揮者に擁立して結成し、25カ国から105人の団員が集められた[3]。1998年8月17日に旗揚げ公演を行った。その後マレーシア国外での公演も行った[4]

wikipedia

 1998年以降活動してるんですね。意外と歴史は浅い模様。ですが、『東南アジア・オセアニア地区で最高ランクのオーケストラ』なんて評されてるようです。

マレーシア各地だけでなく、日本やオーストラリアなど海外での公演も行っています。

ブロッシュアーを見ると、クラシックだけでなくポップス、ジャズ、ワールドミュージック、有名なミュージカル等様々なジャンルの演奏が行われています。

「NAOHISA FURUSAWA」という日本人の指揮者の方も活躍されているようですよ。

詳しい情報はこちらからダウンロードしてくださいね。

料金

チケットはMPO公演が20リンギット(約 511 円)〜、海外楽団の演奏が55リンギット(約 1,404 円)〜となっています。

演目ごとに料金が異なりますので、詳しい演目と料金が知りたい方はこちらからご確認ください。

日本の本格的なオーケストラ、例えば東京フィルハーモニーのコンサートなんかだと最低でも5500円〜など高額です。なかなか頻繁に行けるものではありませんよね。

でも、クアラルンプールではちゃんとしたオーケストラが55リンギット(約 1,404 円)から楽しめる。めちゃくちゃ安いです。マレーシアでのアクティビティで迷っておられる方にはぜひおすすめです。

注意点

最後に注意点をいくつかあげておきたいと思います。

スケジュール

まず、コンサートは毎日やっているわけではなさそうなので、お越しの前に必ず公式サイトからスケジュールをご確認ください。

なお、オンラインでチケットの予約が可能ですので、できれば早めにチケットを購入しておかれると安心です。

服装

そして2点目が会場への服装。ドレスコードが設定されていて、基本フォーマルな服装が求められます。

マレーシアのコンサートなのでカジュアルスマートでもいけそうですが、くれぐれもTシャツにジーパン、ハーフパンツにビーサンなんて格好で行かないように気をつけてくださいね。

ペトロナスツインタワーでのコンサート体験で、楽しいマレーシア滞在となりますように。

関連記事:マレーシアでクラブラウンジ、クラブフロア、エグゼクティブフロアが利用できるホテル一覧