マレーシアで主流のプラスチック製コップが気になる!

気になるプラスチック製コップ

マレーシアで飲み物を注文すると…結構な確率でカップ( グラス? )がプラスチック製。ものすごーく気になります。。。

マレーシアで冷たいお茶を頼んだら、プラスティックカップに入って出てきた

上の写真は冷たい中国茶を注文したときのカップです。決して冷やしたお茶を注いでる訳ではありません。

まずカップに氷を入れ、そこに湯気が上がってるような熱いお茶をおもむろに注ぐのです。

プラスチック製の容器に熱いものを入れて飲む、日本人なら直感的に体に悪い!と感じますよね。でも、マレーシアではまだまだプラスチック製の容器が主流です。

お店だけではなく、家でもそうなんです。

上記の写真内で、陶器のコップや透明のグラスに混ざって、プラスチック製のカップが伏せてあるのが見えますでしょうか?

初めは子供がいるから割れないようにかな?と思っていました。もちろんそれもあるとは思います。でも、違う理由もあるかも。

プラスチック製カップを使う理由を考えてみた

親族や親戚関係が濃厚なマレーシアでは、お客さんの数が多いのですね。週末、また休日や祭日の度に大勢家にやってくる。

子供の多いマレーシアでは数家族集まるだけであっという間に 10 人以上に。そうなるとプラスチック製のコップがやはり便利なんだと思います。

マレーシアのお店で売っているプラスティック製ポット。プラスティック商品が豊富。

ちなみに、コップだけではなく、紅茶やコーヒーを入れるポット、お皿、もプラスチック製が多いです。

マレーシアの食器はお皿もお椀もプラスティック製が多い。
マレーシアの食器はプラスティック製品であふれている

外食時やお呼ばれの時には仕方ないので、家ではできるだけプラスチック製品はつかわないように気を遣っています。

以上、日本とはちょっと感覚の違うマレーシアの食器事情でした。

関連記事:常夏マレーシアの野菜と地元流の食べ方