マレーシアテスコのPB「スモールマリービスケット」が安くて美味しくて感動!

マレーシアテスコのプライベートブランドのクッキー

テスコといえば外資系で、マレーシアでも大手のスーパーマーケットです。イギリスが発祥で、ヨーロッパ風の食品なども結構充実していて外国人御用達のお店。

テスコではプライベートブランド商品も多数製造していて、他の商品に比べると安い品が多くて助かります。

今回ご紹介するクッキーもそんなテスコのPB商品。特徴をいくつかお伝えしたいと思います。

パッケージが魅力

まず一番最初に惹かれたのはそのパッケージのかわいさ。パッケージかい!と突っ込まれそうですが、PB商品でパッケージのデザインが可愛い商品って少なくないですか?

テスコPBクリームクラッカー

ちょっと色合いがぼやけてしまっていますが、こちらクリームクラッカーがグリーン系の色を使っていて、他にも種類によって赤系、青系などに分かれています。

「biscuit gula」とはクラッカーにザラメの砂糖がまぶして焼き上げたビスケット。赤プラス茶の色合いがかわいいですよね。

こちらはいわゆるアソート系。6種類のクッキーが詰め合わせになっています。

とにかく値段が安い!

こんな風にパッケージがかわいくてついつい飛びついてしまったテスコクッキーですが、値段がびっくりするほど安いのも特徴です。

まず、最初に取り上げたクリームクラッカーや砂糖がまぶされたビスケットは他のブランドの商品なら大体4リンギット(約 105 円)以上します。

安売りしていたとしても3リンギット台が限界でしょうか。そうした他の商品と比べると1リンギット(約 26 円)以上安い計算になると思います。

一番びっくりしたのが、缶入りのアソート商品。

写真の商品は普通他のブランドでは軽く10リンギットを超えています。私がいつも買っているJulie’sの缶入りタイプは14リンギット(約 367 円)ほどしています。

それに対してテスコPBのこちらの商品は8.99リンギット(約 235 円)!

缶もかわいいし、値段も安いしで、即決してしまいました。中身がなくなったら、他のクッキーを買って補充してもいいですよね。

これまでこういう感じの可愛い缶の商品に出会ったことがなかったので、テンションが上がってしまいました!

安いけど肝心のお味は?

ここまでで、テスコのPBクッキーはかわいくて安い、ということをお伝えしてきました。ですが、気になるのは味がどうかということですよね。

安くてもまずければがっかりです。すべて食べ比べたわけではないのですが、1つ言えることはアソート系の商品はちょっと味が雑でした。。。

いかにも外国のクッキーという感じの大味で、甘さや香料が日本人の舌には合わないかな?と思いました。

ただし、食べれないほどまずいというわけでもないので、味にこだわりのない方であれば全然普通に食べれると思います。

私の場合は、アソート系は価格がかなり安いため味は全く期待せず購入しました。それは、かわいい缶を手に入れるためです!中身よりも缶!

なので、今入っているクッキーが食べ終われば、好みのクッキーに入れ替えるだけなので、味は気にしていません。

一番おすすめのクッキーは?

では最後に、一番おすすめのクッキーをご紹介したいと思います。

テスコPBクッキーの頂点に輝いたのはこちら写真の「biskut marie kecil」です。訳せばマリービスケット小でしょうか。

お値段は200グラム入りで2.45リンギット(約 64 円)です。そう、百円もしないんです。

200グラムですので、とても一人で食べきれる量ではありません。家族で食べてもまだ余るくらい入ってます。

そして肝心のお味ですが、すごく優しい味わいで口の中でとろけるような感じ。マリービスケットってはっきり言ってどれも一緒なのかと思ってましたが、下手したら日本で食べる安いビスケットよりも美味しいかも。

あんまりお腹が減っていない時に食べたにも関わらず、あまりの美味しさについつい手が止まらなくなってしまいました。

マレーシアのテスコで見かけられたら、ぜひ一度試して見てくださいね。

普通の大きさのマリーが大きすぎると思っていた方(?)、小さな子供さんがおられる方、そして何より安くて美味しいビスケットをお探しの方におすすめです!

関連記事:マレーシアのイオン惣菜コーナーに売ってる食品をご紹介!お寿司、お弁当におにぎらずまで!