世界男女格差番付マレーシアは何位?

《世界男女格差番付 2017 》

「世界男女格差番付」とは、2006 年から公表されている”男女格差を国別に順位付けした世界ランキング"です。日本では、今年 2017 年は過去最低を記録したことで、随分話題になっています。

ちなみに、マレーシアはどうだったか気になって調べてみました。なお、情報は「世界経済フォーラム」の発表に沿ったものです。

マレーシアは 104 位

 なんと、マレーシアは 104 位だったそうです。日本、負けましたね。。。日本は今年114位。マレーシアの方が上位でした。
 過去の記録を見てみると、日本は 2008 年の時点ではまだ 100 位以内に入っていました。それが、2015 年には 101 位となり、2016 年は 111 位、そして今年が 114 位と年々下がってますね😓
対象となった国が世界 144 ヶ国に対して 114 位とは、驚きです。
 とはいえ、マレーシアも大差があるとは思えません。なにせ、104 位です😅日本が 2014 年に 104 位だったことを考えると、マレーシアもそのうち順位を落とすこともありえます。

ですが、一つ日本とマレーシアの違いは、日本は年々順位が下がっているのに対し、マレーシアは去年と比べて順位を上げていることです。

といっても前回 106 位→今回 104 位。たった二位上がっただけなのですが💦

 マレーシアの近隣諸国はどうだったか?

ちなみに、お隣のブルネイやシンガポール、タイなども見てみましょう👆

ブルネイ

ブルネイ王国

 ブルネイは 102 位です。マレーシアと大差ないですね。イスラム教を国教としている国はやはり男女格差はなかなか縮まらないのでしょうか。

とはいえ、日本はそのイスラム教の女性差別が当たり前の国より順位が低いのです😞どういうわけでしょうか。

シンガポール

シンガポール

発展した大都市で、女性もバリバリ働く国というイメージのシンガポール。順位はどうだったのでしょうか。

結果は 65 位。おー、さすがシンガポール👏

と思いましたが、先回と比較すると、なんと 10 位もランクを落としてるんですね。

タイ

タイの女性

では、「ほほえみの国」タイはどうでしょうか。今年の順位は 75 位。健闘していますね。

タイの人はどんな人でも受け入れる包容力の大きい国だと言われています。そのため、人種、宗教、性別、少数派などに対して寛容で、共存していきやすい土台があるのかもしれません。

こうしていくつかの国を比べてみると、マレーシアは意外と男女格差が根強く残っていて、オープンな雰囲気を醸し出しているけど実は差別的な考えが強い国なのかな、と感じました。

「 1 Malaysia」というスローガンを掲げて、すべての人種が仲良く平和に協力しあって共生していく、という目標に向かってがんばっていますが、裏では結構お互いの人種のネガティブな点をけなし合っていたりして、差別的だなと思うことがあります。

satu malaysia

様々な角度から分析された番付の結果が 104 位だったことを考えると、マレーシアの男女平等はまだまだ程遠いかな😞