マレーシアの交通事情。スローイン・ファーストアウトは日本だけ?

マレーシアのコタキナバルの道路

合流地点ではゆっくりと進入し、合流したら加速して流れに乗る。カーブも同じ。ゆっくりと進入してカーブ出口で加速する。

確か日本の教習所でそう習った記憶があります。「スローイン・ファーストアウト」。

それがマレーシアでは通用しない。逆に、「ファーストイン・スローアウト」の車が多いのです。

マレーシア流の運転とは

例えば、脇道から本線に合流してくる場合、日本なら本線の様子を確認しながらゆっくりと合流しますね。

またお店から出てきて車線に合流する場合も、全体の速度や流れを考えながら、ゆっくり車線に向かいます。そして合流したら全体の流れに乗せる。

マレーシアではそれが反対なんです。。。

合流してくるときやカーブではめいっぱいスピードを上げてきて無理やり合流、そして合流したあとはスピードを落としてゆったり運転。

日本だとクラクションを鳴らされかねない運転ですよね。

この感情をどう処理する?

一台や二台だとまだしも、こういう運転の車が多かったため、一度現地の方に聞いてみました。

「こうこうこういう車をよく見かけて、日本とは違うから戸惑うんだけど、マレーシアではこれが普通なの?」

「え?どういう意味?私もそういう風に運転してるけど??」

「・・・・・あ、そーなんだ。そーかそーか、これが当たり前なんだ。ありがとう〜教えてくれて。」

ということで、マレーシアではファーストイン&スローアウトが普通のようです。日本とは反対だけど、マレーシアではこれが一般的。仕方ないですね。

みなさんも、マレーシアで運転される際にはイライラなさいませんように。。。

関連記事:マレーシアの道路標識、意味を理解して安全に運転しよう