マレーシアのケーキが衝撃的な色とデザインでインスタ映え間違いなし?!

マレーシアのローカルケーキ

マレーシアでも最近は日本並みに美味しいパン屋さんやケーキ屋さんが増えてきました。

ですが、ローカル密着型の店舗では未だに強烈な色合いのケーキやおもしろデザイン(お店の人は真剣だと思いますが)など、日本では見かけることのないようなケーキが陳列されています。

今回は、そんなマレーシアのインパクト大、なおかつインスタ映え間違いなしと思われるローカルケーキをいくつかご紹介したいと思います。

マレーシアに観光に来られた際は、ぜひこういうローカルの食生活が垣間見れるお店にも足を運んで、マレーシアを満喫してください!

マレーシアのローカルケーキ

まずはこちらの写真。一番の注目は中段にディスプレイされているお弁当スタイルのケーキです。

カラフルなチョコスプレーが散りばめられたスポンジケーキ台座の上に、金のコインチョコが刺さりまくってます。。。

この雑な仕上がりで19リンギット(約 502 円)もするのですから、信じられません。

次はこちら。いわゆるキャラクターケーキですね。それにしてもやっつけ仕事的な適当感が丸出しです。作る人によって違う仕上がりになるのでしょうか。

ホールケーキにしてはお値段も22リンギット(約 582 円)とリーズナブル。子供たちはきっと喜ぶんでしょうね。

こちらはまだ見た目的にも受け入れられるスイスロール系ケーキ。でも、よく見るとクリームの種類が「オレオ、紫芋、マンゴー」などマレーシア感満載です。普通のクリームでいいんですが。

今度はハム太郎の仲間たち?じゃないですね。なんのキャラクターだろう?よく分からないですが、頑張って作り込んでる感はあります。

お値段も38リンギット(約 1,005 円)とお得なのかそうでないのかよくわからない値段設定。

個人的には絶対買いませんが。。。

最後はこちら。近隣のケーキショップの中では一番まともだと名高いケーキ屋さんの商品です。

マレーシアのケーキ屋さんとしてはかなりまとも?デザインや色合いのセンスがどうかはよくわかりませんが、味はレアチーズケーキ系で美味しかったです。

ただしお値段も70リンギット(約 1,851 円)ほどとかなり高額。日本円に換算してやっと納得のいく値段です。

ツイッター上でのみんなの感想

それでは最後にマレーシアのケーキに関するみんなの感想をご紹介したいと思います。

すごい凝ってるんだけど、この色合いのセンス、マレーシアを感じます。。。

ほんとにはっきりとした色使ってきますよね、マレーシアのケーキ。逆にこれくらいでないとお祝いの場に映えないのかな?

一つ一つのケーキが個性に溢れてますね。それぞれの好みに合わせたチョイスができそう?

さすがKLCCのケーキ屋さんだけあって、センスがいいですね!キャラケーキも企画通りに作ってあって安心感があります笑。

レインボーケーキ!本当にスポンジを虹色にしてしまうあたりがさすがマレーシア。逆にホールケーキで買って、ケーキ入刀の際に「おおっ〜!レインボー!」って盛り上がって欲しいかも!

というわけで、今回はマレーシアのケーキ事情をお伝えしました。マレーシアに遊びに来られる際は、ぜひケーキ屋さんをのぞいて見てくださいね。