【 観光 】クアラルンプールで遊ぶ!お土産探すなら絶対「セントラルマーケット」

クアラルンプールで観光

クアラルンプールは、マレーシアの首都。遊ぶ場所も充実しています。そんなクアラルンプールを思いっきり満喫したい方にむけて、遊べるスポットを一つずつご紹介します。初回の今回は、クアラルンプールの鉄板観光名所からスタートです。

セントラルマーケット

絶対に外せないお土産スポット

クアラルンプールにこられたら、絶対に訪れて欲しい場所です。建物字体が1888年にイギリスによって建てられた歴史的建造物ともいえます。パステルカラーが目を引きます。

建設当時は市場として使用されていたものの、現在はお土産やさんが集まるスポットへと変化を遂げています。マレーシア中のお土産を集めていますので、もちろん日本へのお土産をゲットするにも最適。

セントラルマーケットの名物とも言われるナマコ石鹸、マレーシアのバティック、マレーシア産の高級スパコスメ「 TANAMERA ( タナメラ ) 」の商品、マレーシア産チョコレート、民芸品などが所狭しと並んでいます。

ドリアンキングダム

マレーシアでまだドリアンを経験していない方は、館内の「ドリアンキングダム」がおすすめです。

セントラルマーケット公式サイトより

イートインスペースがあるので、店内で購入したドリアンやアイスクリームなどを食べることができます。また、ドリアンを使ったお菓子など、お土産もたくさん置いています。

JCFZion

アジアンらしい、カラフルでポップなお土産をお探しの方にオススメなのが、「JCFZion」。セラミック、木製、竹製品などを扱っています。

セントラルマーケット公式サイトより

私自身も、これまでにマレーシアで見たことのないようなデザイン、色使いの製品にびっくり。一つ一つ手にとって見入ってしまうような斬新な商品です。

セントラルマーケット公式サイトより

この木製のお皿、すごく素敵じゃないですか?木製なのにこんなカラフルなデザイン、目を引きます!一つ一つ手作り感もあって、温かみを感じます。

セントラルマーケット公式サイトより

テーマ別のゾーンを楽しめる

店内は、「リトルインディア」と名付けられたエリア、「マレーストリート」、「ストレーツチャイニーズ」、の主に3つのマレーシアを代表する文化で分けられています。

多民族国家のマレーシアを象徴する作りとなっていて、それぞれの独特の雰囲気が味わえます。

館内のフロアマップはこちらからご確認ください。

 

館内にはお土産屋さん以外にも見所がありますか?

はい。

もちろん、大多数の売り場はお土産物屋さんで占められています。とはいえ、館内には他にも、レストラン、コーヒーショップ、マッサージ屋、フィッシュスパ、3Dアートミュージアムなど、様々なエンターテイメントが用意されています。

セントラル・マーケットの商品の値段は高めですか?

いいえ。

セントラル・マーケットの商品は、立地や商品の質を考えてもリーズナブルな値段設定です。

個人的には、他のお店より高い商品も見受けられましたが、それはあくまで「ローカルプライス」と比較した場合。マレーシアの様々な地域から商品を取り寄せて、これだけの有名な観光地で出店するとなると、付加価値は十分にあります。

マレーシアに短期の旅行に来ておられる方にはぜひおすすめです。

セントラル・マーケット

 

現地名:Central Market

住所:Jl. Hang Kasturi, Kuala Lumpur

TEL:(03)20310399 / (03)20322399

営業時間:10時~21時30分

定休日:なし

公式ホームページ:http://www.centralmarket.com.my

みんなの感想