マレーシア版チャーハン「ナシゴレン」は豊富なチョイスがうれしい!

マレーシアのナシゴレン

日本でも最近よく知られるようになってきた「ナシゴレン」ですが、実はマレーシアやインドネシアなど東南アジアでよく食べられている家庭料理であることをご存知でしょうか。

ナシゴレンとはマレー語で、「ナシ」がご飯、「ゴレン」が揚げるの意味。つまり、日本で言うところの焼き飯・チャーハンのことです。

今回は、日本のチャーハンとはまた一味違うマレーシアのナシゴレンについて、また毎日食べても飽きない豊富なマレーシアのチャーハンの種類を取り上げたいと思います。

ナシゴレンのルーツ

日本のチャーハンは中国から渡ってきたいわゆる中華料理ですが、マレーシアやインドネシアのナシゴレンも実は中華料理をローカル風にアレンジしたもの。

驚きですよね。多くの方がナシゴレンは東南アジア発祥の料理という感覚をお持ちだと思いますが、本当のところは中国発祥。。。

とはいえ、ナシゴレンはすでに長い間現地で食されて現地風にアレンジされ、もはや国民食ともいえるほど広く受け入れられ浸透している料理。

マレーシア料理の代表として紹介されていても不思議ではないです。他にもルーツの違うロティチャナイやタンドリーチキン(インド料理)がマレーシアの人気料理としてピックアップされることがありますよね。

ちなみに、インドネシ語もマレー語もどちらも同じ「Nasi Goreng」という表記を使います。英語では普通に「フライド・ライス」と注文しますが。

ナシゴレンの特徴

種類

マレーシアのナシゴレンの最大の特徴は、とにかく種類が多いこと。人種によって、地域によって、同じナシゴレンでも料理名や味付けが変わります。

つまり、マレー風、中華風、インド風、など人種によってそれぞれ独特のナシゴレン文化がありますし、一つのお店でも「ナシゴレン」にはいくつものチョイスが用意されています。

「ナシゴレン」と注文すると、「イカンビリス」「チナ」「シーフード」「カンポン」などいくつかの種類を並べられ、そこから選ぶ必要があります。

サイドメニュー&トッピング

また、別の特徴はナシゴレンには様々なサイドメニューもしくはトッピングをつけることができるというもの。目玉焼き、手羽の唐揚げ、揚げ煎餅、サテー、などを追加すれば立派な一食になります。

お店によってはナシゴレンのみという場所もあるかもしれませんが、マレー系、インド系、おしゃれなカフェ系のお店などではナシゴレンにお好みのサイドメニューを追加できる場合が多いです。

もちろん、節約したいときはシンプルにナシゴレンのみを注文することも可能です。

ナシゴレンの値段

最後に、ナシゴレンはいくらくらいで食べれるのかご紹介。私がいつもよく行く庶民的な屋台・コーヒーショップでは、一番安いシンプルなナシゴレンは4〜5リンギット(約 135 円)で食べれます。

シーフードナシゴレンにするとプラス1〜2リンギットといったところでしょうか。

また、ナシゴレンだけでなく手羽の唐揚げ、揚げ魚などを付けると2リンギットほど上乗せされます。

いずれにしても、安いですよね。日本だと安いことで知られる某中華料理店でも400〜500円はするチャーハンが、マレーシアではその半額以下で食べれます。

マレーシアのナシゴレンに関連するツイッター上の情報

さいごに

by Ramzy Muliawan

マレーシアで食べれるナシゴレンの特徴や魅力についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

マレーシアのナシゴレンはタイ米で有名なロングライスが使われているので、日本で食べるチャーハンとはまた違った美味しさがあります。

また、チリやチリパディと呼ばれる唐辛子を入れるお店も多く、スパイシー好きにはたまらない!

辛いのが苦手な方は、チャイニーズ系のお店で食べるか、もしくはオーダーの際に「チリを抜いてください(Tak mau chili)」とお願いするようにしてくださいね。

お腹が空いているときは、「ナシゴレン・アヤム(鶏)」のようにセットで注文するのがおすすめ。

また、個人的にはナシゴレンを卵で包み込んだマレーシア版オムライス「ナシゴレン・パタヤ」というメニューも大好きです。卵にはケチャップではなくスイートチリソースをかけて食べますよ!

マレーシアに来られた際には、ぜひ一度は「ナシゴレン」を召し上がってくださいね。

関連記事:MUFGプラチナカードが最強かも【海外旅行】