マレーシアの最新情報はTwitterで

マレーシア旅行にかかる予算はいくら?一週間の滞在費を計算してみた【旅行計画】

マレーシア旅行の費用と滞在費

現地に住んでいる者の視点から、「ぶっちゃけいくらあればマレーシア旅行できる?」の問いに答えます。

ちなみに滞在期間は一週間と想定。今回は日本からマレーシアの飛行機代は入れず、マレーシアでの滞在費のみにしぼって計算したいと思います。

モデルケースその① バックパックで一人旅

マレーシアにはバックパッカーがたくさんいます。

スーツケースゴロゴロではなく、バックパックで身軽に旅行するタイプですね。

もし、単身でバックパック旅行をする場合は、予算はかなり抑えられると思います。

ホテル宿泊費

バックパッカー用ホテル/ゲストハウスのドミトリーなどがあります。

クアラルンプール周辺で検索してみると…

なんと 7 日宿泊で 84 RM ( 約 2,125 円 ) のホテルも!

一泊じゃないですよ、7 日でこの値段。一泊ワンコイン以下?

しかも、温水シャワーや電気ポット、ドライヤーなども付いてます。もちろん無料 Wi-fi も。

Agodaで最安値ホテルを探す

食費

Photo by OXLAEY.com

食費は、朝昼晩三食を外食するとします。

たとえ首都のクアラルンプールであっても、食事は意外と安上がりです。

たとえば…

朝は現地のご当地麺ラクサ+コーヒーを飲んで 6 RM ( 約 152 円 )。

昼はインド料理のロティチャナイ二枚とテタレのセットを頼んで 5 RM ( 約 126 円 )。

夜は中華料理屋でチャーハンと野菜炒め+お茶を選んで 15 RM ( 約 379 円 )。

トータルすると

一日の食費は 30 RM ( 約 759 円 ) ほどでしょうか。

もちろん、これに水代やフルーツ代、おやつ代、ビール代などを含めると最低 40 RM ( 約 1,012 円 ) 程度は見積もった方がいいと思いますが。

一日 40 RM × 7 日 = 280 RM ( 約 7,083 円 )

ホテル代よりは食費の方がかさみますね。

マレーシアの13州+3連邦領を完全網羅!それぞれの地域の特徴と見所を把握して賢く行き先を選ぼう!

交通費

あとは交通費ですね。

もしクアラルンプールで過ごすとなると、電車やモノレール、バス、無料巡回バス、タクシー、Grab/Uber利用などの移動手段が考えられます。

一番安くあがるのは、歩き+無料巡回バスの利用ですね。

タダです、タダ ( 笑 )

Photo by Sirap bandung

この無料バス、「 GO KL 」という名前で知られています。

これである程度のクアラルンプールの観光名所を回ることができます!

我が家もクアラルンプール市内ではいつもこの無料バスを利用させてもらっています。

詳しくは公式ホームページからチェックしてくださいね。

英語サイトですが、最新情報はこのサイトでチェックするのがおすすめです!

というわけで合計は?

宿泊費、食費、交通費を足してみると…驚愕の一万円台前半!(◎_◎;)

一週間のマレーシア滞在費がたったの一万ちょっと!

さすが物価の安いマレーシアですね。

空港からの別途交通費

ただし、KLIA ( クアラルンプール国際空港 ) からクアラルンプール中心部までは別途交通費がかかります。

一番安くておすすめなのはリムジンバス。時間の余裕がある方にはいいと思います。

往復で買うとちょっと安くなって 18 RM ( 約 455 円 ) 。

この空港からの費用を足してもさほど高くないですね。日本の空港リムジンバスが異常に高く感じます。

ぜひバックパック激安マレーシア旅行、計画してみてくださいね!

【 マレーシア観光 】デジタル照明の町として知られる「アイ・シティ」でイルミネーションを楽しむ!

モデルケースその② 夫婦二人で節約旅

夫婦二人で旅行する場合はさすがにバックパックのようにはいきませんが、それでもマレーシアの宿や食費はリーズナブルに済ませることが可能です。

実際、我が家もいつもマレーシアの国内旅行は節約旅。

安い宿を利用し、食費も現地の人が食べるような大衆食堂の食事で安くあげています。

ホテル宿泊費

クアラルンプール、またマレーシアの他の都市であっても、ホテル宿泊費はかなり抑えることができます。

特にクアラルンプール周辺は数多くのチョイスがあるため、「ある程度きれいで観光地も近く、それでいて安いホテル」なんて贅沢な願いも届いちゃいます!

たとえ夫婦で一部屋を借りたとしても 7 日で 7000 円代のホテルも多数ありますよ。

Agodaでクアラルンプールのホテル料金をチェック

食費

食費はさきほどのバックパッカーと同じようなメニューで安く済ませることができます。

夫婦ということで、ちょっと張り込んでレストランでおしゃれなディナー & お酒を、なんていう場合でも、二人で 100 RM ( 約 2,530 円 ) もあれば十分楽しめると思います。

Photo by Daibo Taku

一日くらいはせっかくの思い出に奮発もいいですね!

先ほどのバックパッカーのメニュー例を使って計算してみると…

7000 円 × 2 + 一日奮発で100 RM ( 約 2,530 円 )=17000 円弱でしょうか。

交通費

先ほどもお伝えしましたが、我が家はクアラルンプールではモノレール + 電車 + 無料バスをよく利用します。

もちろん時間に余裕があるときは無料バスがメインですが、遠くにいきたいときや急いでいるときは電車など他の手段が便利です。

モノレール = ( 初乗り料金 ) 1.2 RM
LRT = 80 セント〜
KTMコミューター = 1 RM 〜
Rapitバス= 1 RM 〜

というわけで、一回乗車しても数リンギといったところでしょうか。

一日一回二人で乗車したとして、5 RM × 7 日 = 35 RM ( 約 885 円 )

これに空港からのリムジンバス 900 円ほどを足すと合計が約 1800 円。やすいっ!

やっぱりマレーシア最強ですね。

夫婦での滞在費の合計は

さて、最後にホテル宿泊費、食費、交通費を合わせてみます。為替相場が日々変動するため大体の値段になりますが…

ホテル 8000 円 + 食費 17000 円 + 交通費 1800 円 = 26,800 円

あとはこれに航空券代をプラスしていただくと、大体の全予算がはじき出せるかと思います。

エクスペディアでクアラルンプール行き航空券+ホテルの最安値をチェック

さいごに

今回は、マレーシア旅行にかかる費用についての情報でした。

1週間滞在するとして、どれくらいの出費を見込めばいいのか、ケース別に費用の概算をお伝えしました、いかがでしたか?参考になりそうな情報はありましたでしょうか。

マレーシアは東南アジア諸国の中では比較的生活レベルも高く、日本人にとっても旅行しやすい国の1つだと思います。

そしてその割にはホテル代や食事代、交通費等も安く、海外旅行のハードルも低めかも。

当記事の情報が、次回海外旅行の計画をされる際の参考になれば幸いです。

関連記事:マレーシアではチップの支払いが必要ですか?