ジョホール動物園が予想をはるかに上回るコスパでおすすめな件

ジョホール動物園(ZOO JOHOR)は、マレーシアのジョホール州ジョホールバル市に位置する動物園です。子連れの友人家族と一緒に行ってきたので、園内の様子をご紹介したいと思います。

ジョホール動物園の概要

ジョホール動物園は1928年に開業したとても歴史のある動物園です。当時のスルタン・イブラヒム氏によってアニマルガーデンとして建設されました。

入園料

ではまず一番気になる入園料からご紹介。なんと、子供1リンギット(約 27 円)、大人2リンギット(約 54 円)!

激安すぎませんか?500ミリペットボトルに入った水の値段です。1リンギットというとこんなものが買えます、という記事を過去に書いていますのでよかったらみてください。

マレーシアの市場マレーシアの物価がわかる、「1RMで買えるもの」

この入園料からしたら、園内の充実度に驚くこと間違いなしです。こんな安いから全然期待しないで入りますよね。まあ、イマイチでもしょうがないか〜って気楽に入れます。いい意味で期待を裏切る充実の園内の様子をご紹介していきます。

本記事の情報は過去のものです。訪れる時期によって動物の種類は変わることがありますので、必ず会えるという保証はできません。ご注意ください。

開園時間

月〜日まで毎日開園しています。祭日もオープンしていますので、仕事や学校で普段平日に行けないご家族にもおすすめ。また、開園時間は 9:00 am ~ 6:00 pm ですので、ゆっくりと園内を回ることができます。

住所

Zoo Johor
Jalan Gertak Merah
80000 Johor Bahru
Johor Darul Ta’zim.

Tel: +607- 223 0404 or +607 224 5791

ジョホール動物園で会える動物たち

マカウ

マカウなんて名前聞いたことありませんでしたが、インコ科の鳥なんですね。アメリカ大陸のみに生息すると言われていますが、なぜかジョホールのZOOにいるなんて!しかも、つがいで飼われていました。どっちが雄かな?

トラ

動物園の目玉といえば、のトラ。メジャーといえばメジャーだけど、やっぱり会えるとうれしい。おとなしく座ってるだけなのにすごい迫力。

ライオン

結構すごい迫力でした。日本と違ってこんな間近で見れるのがさすがマレーシアという感じ。でも、迫力がありすぎて怖い。

ラクダ

なぜか個人的に会えてうれしかったラクダ。結構いましたよ。ラクダの群れ、あまり見ることないからテンション上がりました。それにしても、このラクダどこ見てるんでしょうね〜。もしかしたらこれでカメラ目線なのかな?

そういえば隣で誰かがラクダに餌食べさせてたような記憶が…。餌やりは子供達もテンション上がりますよね。

せっかくなので、ラクダへの餌やりの雰囲気をお伝えするためにちょっと写真をお借りしてきました。そうそう、こんな感じ。結構がっつり食べさせてますよね。日本だったら考えられないような距離感。よかったら体験してみてくださいね。

白鳥?と足こぎボート

正式名称はわかりませんが、人工池では足こぎボートを楽しむことができます。

その他の動物たち

ジョホール動物園では100種類以上の動物たちが飼育されています。上に挙げた以外にも、下記のような動物たちに出会うことができます。

  • Elephant
  • Crocodiles
  • Horses
  • Flamingos
  • Wild Cats
  • Gorillas
  • Bears
  • Chimpanzee
  • Tapir
  • Wallabies
  • Iguana
  • Deer
  • Seladang
  • Hippopotamus

さいごに

ジョホール動物園情報はいかがでしたか?

もちろん、シンガポールの動物園のような特筆すべき動物園ではありません。あちらはお値段の方も相当しますしね。

ですが、大人でもたった2リンギットで入場できるのに、これだけ充実した一日を楽しめるのは素晴らしいと思います。意外と園内も清潔に保たれていましたし。

また、こじんまりとしたサイズの動物園なので、家族連れでも疲れすぎません。帰ろうと思えばすぐにでも帰れそうな、コンパクトさとあと勿体無い感の残らない入園料設定が最高です。

ぜひ一度騙されたと思って試してみてくださいね。

【 お土産 】ジョホールバルで一番美味しいパイナップルクッキー