マレーシアの最新情報はTwitterで

パハン州 (Pahang) の旅情報

パハン州は、マレー半島の中央部に位置する、マレーシア最大の州です。東側は南シナ海に接しています。自然豊かな国立公園タマンネガラがあり、州面積の約70%の土地が未開発の熱帯雨林に覆われた自然の豊かな州です。

パハン州の州都はクアンタン、王都はペカンで、スルタンと呼ばれる王様が治めています。主席大臣が選出され、州内の行政を担当しています。

パハン州の高原に開発されたキャメロンハイランドやゲンティンハイランドは、避暑地として有名で、外国からの観光客も大勢訪れています。特にゲンティンハイランドは、マレーシア唯一の公認カジノがあり、様々なエンターテインメントを楽しむことができます。

州の名前の由来には諸説ありますが、古代のパハン川の源泉の近くに「マハン」と呼ばれるオオバギの木が生えていて、そこから州の名前が取られたといわれています。

パハン州の場所とアクセス方法

パハン州の記事一覧

パハン州の統計情報