マレーシアと日本の時差は1時間!なんか変?でもメリットも!

本来は 2 時間の時差が妥当なようですが、とにかく時差は 1 時間です。私の場合 2 時間以上時差は睡眠や身体の疲れに影響があります。でも 1 時間は本当に楽。

日本を出発するときに時計をすべてマレーシア時間に戻しておくだけで、マレーシアに着いたら普通の感覚で過ごせます。なんの違和感もありません。

時差が1時間の理由

そう、本当はマレーシアも時差2時間のはずなんです。世界のタイムゾーンマップをみると、マレーシアの位置からすると日本との時差は2時間はないとおかしい。

理由としては、昔マレーシアがイギリスの植民地だったことに起因しています。そのころ同じく香港もイギリスの植民地でした。それじゃあ香港とマレーシアを同じ時間帯にするほうが何かと便利?

というわけでマレーシアの時間が本来あるべき時間帯よりも1時間遅く設定されたらしいです。嘘のようなホントの話?

時差 1 時間のメリットとは

今後はマレーシアに移住する方もどんどん増えていくと思いますが、この時差がたった 1 時間というのはかなりメリットだと思います。

日本の家族に連絡するとき、早朝や夜中でない限りはさほど時間を気にする必要はありません。身体も時差ボケがなく、たとえ感じても短時間だと思います。

デメリットも?

ただ、あまりに時差を意識しなさすぎて、たまに失敗しかけます、飛行機の乗り継ぎ時間を間違えるとか。

本来は特にマレーシアの半島側は日本とは 2 時間時差でちょうどいいらしいです。そのため朝の 7 時でもまだ 6 時のような暗さ、という経験をします。ちょっと朝が起きにくいですね。

ボルネオ島はその点問題ないようです。

なるほど、マレーシアではNHKも1時間差で計算しないといけないんですね。