マラッカ「マミージョンカーハウス」はジョンカーストリートの観光目玉?!マミーグッズも買える!

ジョンカーストリートのマミージョンカーハウス

マレーシアの観光地として日本人にも人気のマラッカですが、今回はちょっと珍しい観光スポットをご紹介したいと思います。

マミージョンカーハウスとは

マミージョンカーハウス、と聞いてピンと来る人もおられるのではないでしょうか。そう、あのマレーシアのメジャーな食品会社、「MAMEE」が経営する「マミー食品博物館」なのです。

マミーという会社は1971年にマラッカで開業、現在に至るまでスナック菓子やインスタントラーメンを中心に数多くの食品の製造販売をしています。

その食品メーカーがオフィシャルに直営店をジョンカーストリートの中心地に展開。海外からの観光客はもちろんのこと、地元の子供たちにも人気のスポットとなっています。

ジョンカーストリートの中心地にあるMAMEE Jonker House

入場は無料。館内にはラーメン博物館、マミーグッズ&商品販売、写真撮影スポット、レストラン、予約制の麺作り教室などが備わっています。

店舗名:Mamee Jonker House
住所:46 & 48, Jalan Hang Jebat, 75200 Melaka
営業時間:10時00分~17時00分
電話番号:06-286 7666

館内の様子

ジョンカーストリートのマミージョンカーハウス

入り口を入ってまず目にするのがこちらのマミーモンスター。そして後ろにちらっと見えているのはポテチ系スナックのキャラクター。

こうしたキュートなマミーキャラクターたちがお出迎えしてくれます。もちろん写真撮影、記念撮影もOKです。

マミー商品販売コーナー

入り口を入って左手に展開されているコーナーは、マミー商品の販売コーナーです。もちろんすべてよく見慣れた商品ばかり。

マミー商品ならマラッカでなくてもマレーシア中のスーパーなどで売っているので、最初はあまり注意して見ていませんでした。

ですが、帰り道にもう一度立ち寄ってみると、商品を購入した人たちが可愛いショッピングバッグを抱えて帰っていくのを目撃!

そう、ここでセット商品を購入すると、この一番上の棚に飾ってあるマミーショッピングバッグがもれなくついてくるんです。

しかも、セットで購入するとかなりお買い得になります。たとえば、下のRM12.30(約 319 円)のセット。

セットEですと、カップラーメンが4つにモンスタースナックミーが一袋ついてきます。スーパーで買うと安くてもトータルで14リンギット(約 363 円)ほどすると思いますので、セットで買う方が断然お得です。

その上、例の可愛いショッピングバッグがついてくる!

セット商品はいくつかチョイスがありました。きっと気にいるセットが見つかると思いますよ。

マミーレストラン

さらに奥に入っていくと、右手奥はレストランになっていました。マミーの明るくビビッドな雰囲気とは打って変わって、まさに古都マラッカらしい落ち着いた雰囲気のレストラン。

こちらがメニューです。マラッカ名物のライスボールチキンライスをはじめ、マレーシアのメジャーな料理が並んでいます。もちろんマギーヌードルを使ったメニューも。

価格帯は11〜13リンギット(約 337 円)ほどですので、有名観光地にしてはリーズナブルですね。

ツイッター上でのみんなの感想を集めてみた

実際にマミージョンカーハウスを訪れた人の感想をツイッター上で探してみました!

レストランのカレーラクサが美味しかったというツイートです。

自分オリジナルのカップヌードル作りがおすすめ!

カップのデザインを施す姿はみんな真剣そのもの!

マラッカ名物、アイスカチャンチェンドルも食べられます!

さいごに

今回は、マラッカのジョンカーストリートでおすすめの観光スポット「マミージョンカーハウス」をご紹介しました。

入場は無料の上、マスコットキャラクターたちと記念写真が撮れたり、お安くマミー商品を購入できたりといいことずくめです。

また、購入した商品はマレーシア土産としても活用できますよ。特にスパイシーなトムヤムやラクサ味のカップヌードルは東南アジアらしくておすすめ。

さつまいもを使った紫色のポテトチップも、日本にはない珍しい商品かと思います。

マミーに関心のある方もない方も、ジョンカーストリートを訪れた際にはぜひのぞいてみてくださいね。

関連記事:マレーシアの古都マラッカでおすすめのお土産