マレーシア土産にもおすすめのリベナグミ

マレーシアで人気のレビナグミ

今回ご紹介するのはマレーシアで大人気のリベナを使った「リベナグミ」です。ベリー系独特の甘酸っぱい味わいがなんともいえない、ちょっと大人向け?のグミなんです!

リベナとは?

まずは、そもそもリベナグミの元になっている「リベナ」とは何かを説明したいと思います。

国民的ドリンク、リベナジュース

リベナとは、マレーシアで国民的なドリンクとして親しまれているジュースです。リベナ、レビナ、ライビーナなど人種や言語によって呼び方は様々ですが、マレーシア人で知らない人はいないのでは?と思われる超有名ドリンクです。

スーパーではレビナがジュース売り場の一角を占領していることがありますし、さらには食堂やコーヒーショップでも広く販売されており、人気の高さをうかがい知ることができます。

オリジナルは濃縮タイプ

レビナは様々なフレーバーがあるだけでなく、新たなバージョンが定期的に追加されていて、それぞれ好みで選ぶことができますが、基本的に一番オリジナルでポピュラーなレビナは濃縮タイプです。

日本で言うところのカルピス的な感じで、水や炭酸水、氷、レモンなどを入れて、好みの味に薄めて飲みます。一リットル入りボトルで10〜13リンギット(約 341 円)ほどでしょうか。

濃縮タイプの他にも、ペットボトル入り、紙パック入り、パウチタイプなどが売っています。個人的に日本でレビナを見かけたことはないので、レビナ自体をお土産にするのもいいですね。(ただし元々はイギリスから入っている飲み物ですが。。。)

リベナグミ

リベナグミは安くて軽くてお土産にもぴったり

ところで、マレーシアにはこのリベナをベースに作った「リベナグミ」が売っています。半信半疑で食べてみたところ、これがハマる美味しさ。

基本的にリベナはベリー系のカシス(マレーシアではブラックカラント)を原料としていますので、爽やかな甘さと酸味が特徴です。

そのリベナから作られたリベナグミ、まさに甘酸っぱいグミですね。酸味が苦手な方はやめておいた方がいいかもしれませんが、個人的には好きな味です。

純粋なブラックカラント味だけでなく、最近はミックスベリー味も出ています。

お値段は3.5〜4リンギット(約 105 円)ほどで売っています。小さめで軽くてお安いので、マレーシア土産にもピッタリかと思います。

マレーシアらしいお土産をお探しの方は、ぜひお近くのスーパーマーケットなどで探してみてくださいね。

関連記事:マレーシア版チャーハン「ナシゴレン」は豊富なチョイスがうれしい!