一生モノの「ピューター製品」はマレーシア土産の超定番

マレーシアのピューター製品を製造しているローヤルスランゴール社

ピューター製品はマレーシアが世界に誇る伝統工芸品。決して安くはありませんが、大切な人へのプレゼントに最適です。

今回は、マレーシアを代表する特産品ピューターについて、その歴史やマレーシアで作られているピューター製品の数々をご紹介したいと思います。

もらってうれしい!マレーシアでおすすめのお土産30選

ピューターとは

ピューターの日本名はしろめ ( 白目 )。錫 ( スズ ) を主成分とする低融点合金成分です。スズと混ぜられる他の成分には、アンモチン、銅、鉛があります。

ピューターは昔からヨーロッパで使用されてきた金属の一つ。14世紀にはすでにピューターの品質基準を定める、ピューター名誉組合が存在していました。

スズは柔らかい金属であるため、スズに他の成分を混ぜ合わせることで強度を増す効果があります。改良が重ねられ、現在製造されているピューターは「ブリタニアメタル」を指すようです。

マレーシアのピューター製品の歴史

マレーシアでは、1848年にはスズ鉱山の開発が始まっています。イポーのキンタ渓谷からクラン渓谷にかけての地域がいわゆる「マラヤン・ティン・ベルト」。

キンタ渓谷
photo by wikimedia commons

なんと世界最大ともいわれるスズ鉱山です。マレーシアに世界一のスズ鉱山があったこと、ご存知だったでしょうか?

そして、このスズ鉱山で採れたスズを利用したピューター製品の歴史も130年以上といわれています。一番長い歴史を誇るのが、「ロイヤルセランゴール社」。

ローヤルセランゴール社
photo by eGuide Travel

政府関係者や大使館などで利用される由緒正しいブランドです。ビジターセンターは無料で開放されています。

現地名:Royal Selangor Visitor Centre
住所:4 Jalan Usahawan 6, Sepatak Jaya, 53300 Kuala Lumpur
電話番号:03-4145-6122
開館:毎日9:00~17:00(土曜は16:30)
料金:無料

マレーシアで買えるピューター製品

マグ

やはり、日本人に人気のある商品といえばマグ。

ローヤルスランゴール社公式サイトより

熱が冷めにくく、冷たい飲み物は冷たくキープしてくれるマグは喜ばれます。夏場のビールなんかにもぴったりですね。

ちなみに、気になるお値段は 450 リンギット ( 約 11,794 円 ) です。高いと思われるかもしれませんが、大切に使えば一生モノ。

ローヤルスランゴール社公式サイトより

購入するとこのようなしっかりした化粧箱?に入れてもらえます。退職祝い、結婚祝いなど、大切な人へのプレゼントに最適です。

メロンポット

ピューター メロンポット
photo by wikimedia commons

こちらは、「メロンポット」と呼ばれるピューター製品。12枚のピューターシートをつなぎ合わせて作られています。写真からわかるように、こちらの製品のお値段はRM1950 ( 約 51,108 円 ) です。

バティック柄

マレーシアならではのバティック柄をあしらった製品も販売。コースターやフォトフレーム、タンブラーなど日常シーンでも使いやすそうです。

ローヤルスランゴール社公式サイトより

ワフモチーフ

マレーシアのクランタン州の伝統的な凧「ワフ」をモチーフにしたピューター製品も。

人気キャラクター

ローヤルスランゴール社の公式サイトでは、スターウォーズシリーズや、バットマンシリーズも販売。

ローヤルスランゴール社公式サイトより

これはもう、工芸品の域を超えていますね。かなり価値のある商品になっています。中には、何千リンギットもする高級品も。

ローヤルスランゴール社公式サイトより

どこで買える?

もちろん、本店でも買えますが、そのほかにも通販、ショッピングモール (スリアKLCC店、パビリオン店など) やセントラルマーケット、空港などで購入することができます。

また、上に挙げたショッピングモール以外にも、大きなお土産店、百貨店、などでピューター製品のコーナーを設けているお店もあります。探すのが難しいこともあるので、お店の方に聞いてみるのが早いですね。

実はマレーシアだけでなく、他の国にも出店しているローヤルセランゴール。写真はシンガポールのマリーナベイショッピングモール内の店舗です。

マリーナベイのローヤルセランゴール
photo by wikimedia commons

シンガポールではマリーナベイ以外にも、クラーキーのグランドフロア大型ショップ、ラッフルズシティー、ビボシティー、高島屋などで店舗展開しています。

みんなの感想

マグカップひとつをとってもそれぞれに違った味わいがあります。プレゼントする相手の顔を思い浮かべながら心を込めて選ぶひと時も楽しみですね。

なるほど、ピューター製品使うとアイスクリームが溶けない!

本当にただただ素晴らしいの一言ですね。ピューター製品の傑作。一生の宝物ですね。

1つ1つのフィギュアが傑作ですよね。手作りだから表情も違う。

キーホルダー1つとっても重厚感が出てるんですね。確かにつけるの勿体ないかも。。。

ピューターでできた盃まで!これで冷酒を飲んだら美味しそう!

ダースベーダーのフィギュア、一体4万円弱とは。。。でもそれだけの価値がある芸術品なんでしょうね。

さいごに

マレーシアのピューター製品に関する情報を取り上げましたが、感想はいかがでしょうか?興味を持っていただけたでしょうか?

マレーシアがピューター製品で有名だという事実は日本ではあまり知られていないかもしれませんね。だからこそ、マレーシア土産にピューター製品を選べば、喜んでもらえるかもしれません。

ちょっと渋めのお土産ですが、器にこだわりのある人、ビールが好きな人などへのお土産にはぴったりかも。

気になった方はぜひマレーシアでお店を覗いて、本物のピューター製品を確かめて見てくださいね。

マレーシアのハンディクラフトセンターみんなと差のつくマレーシア土産といえば「カゴバッグ」