クアラルンプール【マレーシア旅情報】

マレーシアの首都クアラルンプール

基本情報

マレーシアの首都。

人口:180万人
産業:観光、ホテル業、広告産業
面積: 243km2 ( 日本の面積の9割弱 )

下記の地図からも分かるように、マレー半島の中西部に位置。

クアラルンプール

フライト情報

最寄りの空港:クアラルンプール国際空港 ( Kuala Lumpur International Airport )
日本からのアクセス:東京 ( 成田/羽田 )、札幌 ( 新千歳 )、大阪 ( 関空 ) から直行便で約7時間。

直行便:成田=日本航空、マレーシア航空、全日空
羽田=エアアジアX、全日空
関西国際空港=エアアジアX、マレーシア航空
札幌=エアアジアX

時差:日本との時差は−1時間。マレーシアの方が遅れている。

KLIAのフライトインフォメーションはこちらの公式ホームページから確認できます。

KLIA公式ホームページ

おもな見どころ

アクアリアKLCC

Aquaria_KLCC
By SAM Cheong

アクアリアKLCCは、ツインタワーからほど近くにあるKLコンベンション・センター地下に位置しています。

約150種類、5000匹の生物を飼育。全長90メートルほどの動く歩道があり、ゆっくりと水中トンネルを通りながら観察することができます。

住所:Kuala Lumpur Convention Centre Complex,Kuala Lumpur City Centre,50088 Kuala Lumpur

入場料金:大人45RM 小人35RM

営業時間:平日 11:00-20:00
土日祝 10:30-20:00
最終入場時間 19:00

ペトロナス・ツインタワー(Petronas Twintower)

ペトロナスツインタワー
photo by Simon_sees

1997 年1 月に完成。首都クアラルンプールのシンボルタワーで、世界一の高さ ( 451.9m ) を誇る。形状は、円筒形のツインタワー をスカイブリッジで結んだ壮大な建築となっていて、世界中から観光客を集めています。

ツインタワーの前では、ベストショットを撮ろうとカメラを構える観光客が大勢います。確かに、昼に来ても夜に来ても、それぞれの時間帯の良さがあり、ついつい写真の枚数も増えてしまいます。

ベルジャヤ・タイムズ・スクエア (Berjaya Times Square)

クアラルンプールのタイムズスクエア
photo by IQRemix

KL市内の中心インビ通り沿いに位置するショッピング、グルメ、ホテル、コンベンションセンター、屋内遊園地、ボーリング場などが一体となった巨大コンプレック スです。2003 年に当時の首相であったマハティール氏によって開設されました。

駅直結で便利なだけでなく、元々はアパートメントだったという、広々とした快適な併設ホテルも人気です。

マレーシア最大の屋内遊園地、「ベルジャヤ・タイムズ・スクエア・テーマ・パーク」はフロア4Fにあります。入場料は大人51RM、小人41RM。閉館時間の夜10時まで営業しています。

住所:1 Jalan Imbi, Kuala Lumpur

電話番号:(03)21173111

営業時間:10~22時

公式サイト:https://www.berjayatimessquarekl.com/

KLタワー

KLタワー
photo by NickLubushko

ブキッ・ナナス公園に建つ展望タワー。421 メートルの展望台からはKLの街並みやクランの丘を見渡すことができます。レストランもあり、優雅な食事を楽しめますよ。

ブキ・ビンタン通り(Jalan Bukit Bintang)

ブキッ・ビンタン
photo by Sham Hardy

クアラルンプールを代表する、デパートやホテルが立ち並ぶ繁華街エリアです。マレーシアの銀座?! 観光客をはじめ、地元住民や家族連れでにぎわっています。

屋台、グルメ、ショッピング、日本食、ホテル、など揃っているのに加えて、公共の交通機関を利用してのアクセスがしやすいため、観光で訪れるのに便利です。

また、このエリアにはマッサージ店も多く出店しています。KLでNo.1とも言われるマッサージ店「 良心 ( リャンシン ) 」も、このブキ・ビンタンにあります。<Lots 1-01 & 1-02, Level 1, Wisma Bukit Bintang, 28 Jalan Bukit Bintang>

なるほど、マレーシアの映画は安くて、その上語学の勉強にもなって一石二鳥?!

レイクガーデン(Taman Tasik Perdana/Lake Garden)

クアラルンプールレイクガーデン
photo by Stefan Fussan

1880 年に開園。約 60 万平方mの敷地を誇る自然公園。美しい南国の花が咲き乱れ、緑豊かなこの公園は地元住民の余暇の場所としても有名。

「バード・パーク」や 「オーキッド・ガーデン」、さらにマレーシアの国花「ハイビスカス・ガーデン」など見どころも多いです。自然に囲まれてゆっくり休日を楽しみたい方にお勧めですね。

さらに近辺には国会議事堂、国立博物館のような別の見どころもあるので、予定のない日に時間をかけて歩き回るのもいいかも。

バードパークでは鳥かごと一緒に人も入るんですね!子供達が喜びそう。。。

国立博物館(National Museum)

クアラルンプールの国立博物館
photo by Daniel Berthold

レイクガーデンの南に位置する高床式の伝統的なマレー様式(王宮スタイル)の建物です。1963 年に開館。マレーシアの歴史、文化、工芸な どの資料を見ることができます。

開館 9:00-18:00
入場料 RM 2 ( 約 52 円 )

入場料たった2リンギットでマレーシアの歴史が学べるんです。

石器時代からのマレーシアの歴史!行く価値がありそうです。

国立歴史博物館(National History Museum/Museum Sejarah Nasional)

KLの国立歴史博物館

メルデカ広場の国旗掲揚台前にある、白いコロニアル様式の博物館です。19世紀末には銀行として使用されていた建物ですが、1996 年以降博物館として利用されています。

館内では、マレーシアの歴史と文化、伝統習慣などが紹介されていて、マレーシアのディープな部分にも触れたい方にオススメです。

開館 9:00-18:00 入場無料

KLCC公園の噴水ショー

KLCC公園で見れる噴水ショー、「噴水レイクシンフォニー」は必見。現代的な建物が立ち並ぶ、マレーシアのまさに中心部に位置するKLCC公園。いわゆる都会の中のオアシスですね。

そこで毎日開催されている、しかも無料の噴水ショーは見とかないと損です。KLCCからもすぐ行けるので、立地も完璧。KLCCやツインタワーとセットで観光されてはいかがでしょうか。

関連記事:マレーシアは高級ホテルのコスパが最高!リッツカールトンも世界一安い?