マレーシアの最新情報はTwitterで

マラッカ州のおもな見どころ

マラッカ

マラッカタワー (Melaka Tower)

マラッカタワー
Photo by Ah Wei (Lung Wei)

2008年4月18日にオープン。スカイタワーとも呼ばれる。高さ110mの展望台つきタワーで、ムルデカ通りに位置。マラッカの街並みからマラッカ海峡まで見渡せる。入場料は大人20RM、小人10RM。

ジョンカー・ストリート (Jonker Street)

ジョンカーストリート
Photo by CEphoto, Uwe Aranas

マラッカならではのお土産を買うならこの界隈。歴史の残る街並みやババニョニャ(マレー文化と中国文化の融合)スタイルの独特の雰囲気やババニョニャ料理も楽しめる。

ジョンカーストリート
Photo by William Cho

ババニョニャ博物館 (Babanyonya Museum)

ババニョニャ博物館
Photo by Azuladnan

裕福なババニョニャ(マレーシアに数百年前に移住してきた華人と、その華人に嫁いだ地元のマレー女性の人種、文化融合)の私邸として建てられたこの 建物は100年ほどの歴史を誇る。現在プライベート・ミュージアムとして一般公開されている。

ババニョニャ博物館
Photo by Azuladnan

伝統的な中国の婚礼衣装や工芸品、家宝に加えて、当時中国や ヨーロッパから運ばれた家具類も展示されている。

ミニマレーシアとミニアセアン (Mini Malaysia and Mini ASEAN)

マラッカ州ミニマレーシア
Photo by Chongkian

それぞれ熟達した建築士によって建てられたマレーシアの伝統家屋が立ち並ぶ。マレーシアの13の州それぞれの独特な建築スタイルと飾りつけを見て歩く。アセアンに属するアジア各国の文化の特徴をかいま見れるミニアセアンも隣接している。

クライストチャーチ (Christ Church)

クライストチャーチ

オランダ植民地時代の建造物(1753-)。オランダの建築発明の才をうかがわせる手作りの座席、つなぎ目のない天井のはり、真鍮の聖書など、多部にわたるその技術をじっくり楽しみたい。

聖フランシスザビエル教会 (St.Francis Xavier’s Church)

聖フランシスザビエル教会
Photo by Bjørn Christian Tørrissen

カトリック教義を東南アジアに広めた宣教師として有名なフランシス・ザビエルに捧げられた教会。

マラッカ・スルタン・パレス (Melaka Sulutan Palas)

マラッカスルタンパレス
Photo by Namimatisa

『マレー王統記』に基づいて復元された木造建築。独特の形をした木の屋根の建物の中はマレーシア文化博物館になっている。

トライショー (Trishaw)

マラッカのトライショー

マラッカ市内の観光といえば、このトライショー。いわゆる人力車であるが、クライストチャーチ周辺には色とりどりの造花で車を飾り、中にはサウンドシステムまで備えた個性あふれるトライショーの数々を楽しめる。目的地に応じて料金を支払うシステム。乗る前に料金の交渉をお忘れなく。

関連記事:マレーシアは高級ホテルのコスパが最高!リッツカールトンも世界一安い?

耳寄り情報

マラッカの「豆仁糕」、昔懐かしのお菓子という感じです。年配の方へのお土産にも喜ばれるかもしれません。

マラッカの海上のモスク、世界中から観光客が集まる観光名所です。

そう、マラッカは世界遺産に登録されている街なんです。ヨーロッパとマレーの融合した街並みを散策してみてくださいね。

マラッカのちょっと変わったチキンライス、インスタ映えするかも?!

マラッカを代表する「アッサムプダス」、辛い料理が苦手でなければぜひお試しください。日本ではなかなか食べれない味ですよ。

さいごに

マレーシアを代表する観光地、マラッカの情報はいかがでしたか?行きたい場所は見つかりましたか?

個人的にも何度訪れても飽きない、魅力の多い街マラッカ。クアラルンプールから高速バスでたった2時間ほどで移動できます。

歴史や古都巡りが好きな方はぜひマラッカへの旅をプランに入れて見てはいかがでしょうか。

マレーシア旅行の計画はこちら⇒サプライスでクアラルンプール行き航空券+ホテルの最安値をチェック