マレーシア版かき氷「チェンドル」は本場マラッカで食べるのが正解

マレーシアで一番好きな街はマラッカ。歴史があって、建物も写真映えし、食べ物もおいしい!

そんなマラッカで絶対食べて帰って欲しいもの、それは「チェンドル」です。

「チェンドル」とは?

写真の見慣れない緑のゼリーのような食べ物。これが実はチェンドルなんです。米粉やタピオカなどを原料として作られています。

このチェンドルの発色のいい緑色は、マレーシアでよく色・香り付けに使われるパンダンリーフという葉の色です。

チェンドルは一般的に写真のようなかき氷のトッピングとして使われています。見た目ほど変な味ではありません。というより、優しくてすごーく素朴な味わいですよ。

このかき氷はチェンドルが中に入っているタイプ。周りにかかっている茶色いシロップは、「グラ・マラッカ」と呼ばれるココナツの樹液から作られる黒糖で、日本の黒蜜にも似た味わいです。

基本のチェンドルはこのグラマラッカ、ココナッツミルク、がかかっているはずです。

写真のようにシンプルなかき氷もあれば、ココナッツミルクや小豆、コーン、寒天など具沢山のかき氷 ( アイスカチャン ) もあります。

↓↓ マレーシアのペナンにある、超有名なチェンドル屋さんの動画です ↓↓

どこで食べれる?

マラッカにはこのチェンドルが食べれるお店がたくさんあります。

名店と呼ばれるような有名なお店もいくつかありますが、見つからない場合や遠い場合にはこだわらず、お近くのお店でぜひ召し上がってください。

一応有名どころのマップを載せますね。

「The Tappan House Restrant」

こちらの「The Tappan House Restrant」は、チェンドルだけでなく、麺類や他のメニューも揃っています。食事をしたあとそのままデザートを食べたい方にはオススメです!

「Jeta Groves」

こちらはローカルにも人気のお店です。

ベーシックなチェンドルだと 3 RM からとリーズナブル。お好みで小豆やドリアン、アイスクリームなどトッピングできます。

そのほかにも、マラッカではチェンドルが食べれるお店があちこちにあります。レストラン系であれば大抵売っているのでは?と思うほど。

ぜひ一度は味わってみてくださいね。

マレーシア独特のコーヒー、コピ・オ ( Kopi O ) とは