ジョホール・バルでバスに乗って移動してみた

勇気を出して市民の足、バスに乗ってみました。やはりバスに乗るのはハードルが高く、長らく挑戦していませんでしたが、この度意を決してバス移動してみました!

ジョホール・バルのバス事情

ジョホール・バルで運行しているバス、結構ボロいんです…。

アップデートしてきれいなバスに変わりつつあるものの、まだまだボロボロのバスが走ってます。

今回乗ったバスも、相当年季が入ってそうな雰囲気。

by Benard Kok

掃除されてなくて汚いし、シートはやぶれてるし、昇降用ドアも錆び錆び、ガタガタ。

運賃を入れる運転手さん脇の機械も壊れててお札が落ちない…から溜まってきたら棒でつついて無理やり落としてました。

ただただ、お金もらって人を運ぶ目的さえ達成できればいい、という感じ。そこに快適さの追求やお客様第一主義など存在しません。。。

ドライバーさんの腕は??

運転も荒かった〜!右に左にブンブン揺られ、止まる時は急ブレーキ。

ギアチェンジもガクガクだし、車線変更も無理やり。

歌歌いながら、お客さんと世間話しながら、ラジオ聞きながら、となんでもありでした。もうちょっと運転に集中して〜と思いましたが、まあこれがマレーシアなんでしょうね。

一番驚いたのは、普通に運行中のバスがガソリンスタンドに寄ったこと!これにはさすがに爆笑でした。まさかのまさか、予想をはるかにこえる展開。

まあ、一人 1〜2 リンギで運んでもらえるので、こんなものと割り切ってしまえば便利ない手段かもしれません。

バスの乗り方

ちなみに、バスの乗り方は、乗りたいバスがきたら手を挙げてください。タクシーを止めるように。停留所じゃなくても、結構止まってくれます。いっぱい乗ればいっぱい儲かるシステムらしいので。

行き先が不安な場合は、乗る時に運転手さんに行き先を確認してから乗ってくださいね。

それと、マレーシアのバスは乗るときに先払いします。運転手さんに行き先を告げて、言われた金額を投入してください。

MEMO
たとえば買い物でジャイアンというショッピングセンターに行きたいとします。その場合は、「ジャイアン?」と名称を尻上がりで発音するだけで通じます。

初心者には少し難しいバスの乗り方ですが、システムを知ってあとは慣れさえすれば、だれでも乗れるようになると思います。興味のある方はぜひ試してみてくださいね。

関連記事:マレーシアでのスムーズな郵便荷物受け取り方法をマスターしよう!