マレーシアは「ココナッツ」パラダイス

ココナッツの実

ココナッツとは?

ココナッツとは、ヤシ科に属する熱帯地方原産の果物です。品種によって表面が緑色をしているものや、オレンジ色をしているものなどがあります。

ココナッツは、外の硬い皮の中に白く柔らかい果肉があって、さらにその中にココナッツジュースが入っています。

マレーシアは常夏ですので、年中ココナッツジュースを楽しむ事ができます。

暑い日にはココナッツジュース

ココナッツジュース

ココナッツジュースは透明で、わずかに酸味があり、なおかつほのかな甘味が特徴です。熱帯地方では貴重な水分補給源。

地域や質によって違うものの、通常一つの実が約3〜5リンギットほどで売っています。

若いココナッツをおすすめする理由

ココナッツジュースは、ココナッツの実の中にある空洞にたまっています。若いココナッツほど甘くておいしいジュースがたくさん入っていますので、購入の際には新しくて若いココナッツをぜひ選んでください。

マレーシアのお店では、外側の固い皮の部分を取り除いて、飲みやすくしたものが冷やして売られています。

ココナッツの果肉

ココナッツの果肉

ココナッツの中には白くて柔らかい果肉があります。ジュースを飲むときには、スプーンなどでかき出して食べます。若いココナッツほど果肉は柔らかく、成熟するにしたがって固くなるようです。

ココナッツが成熟して固くなりすぎると、生では食べられなくなるので、中の果肉を、下の写真のような機械で削って料理に使います。いわゆるココナッツミルクやココナッツパウダーですね。

ココナッツの果肉を削る機械

左の写真の縦向きに取り付けられた洗面器の中心に、左の写真のような刃が付いていて、それをモーターでまわして果肉を削ります。

削られた固いココナッツの果肉を処理すると、白くどろっとしたココナッツミルクが取れます。

マレーシアの料理やお菓子にはココナッツミルクが入っている事が多いですが、コレステロールが高いので食べ過ぎに注意が必要です。

ココナッツの栄養成分

ココナッツには、カリウム、マグネシウム、鉄分などのミネラルが豊富に含まれています。

また、ココナッツ内部は基本的に無菌状態に保たれているので安心してジュースを飲むことができます。

注意
中にはココナッツに対するアレルギーのある方がいます。アレルギーの方が飲むとのどに違和感やかゆみを感じることがあります。ココナッツジュースを飲む際にはお気をつけください。