長時間フライト、飛行機の中で快適に過ごすコツをすべて公開!

マレーシアに限らず、海外旅行に伴う悩みが「長時間フライトにどう備えるか」ですね。

マレーシアは比較的近い海外かと思いますが、それでもフライト時間だけで片道7時間以上はかかります。もし直行便でない場合は10時間以上になることも。

そこで、今回は長時間フライトをできるだけ快適に過ごすためのコツをまとめました。マレーシア在住10年の経験から、実際に実践しているコツばかりです。ぜひ参考にしてください!

日本⇄マレーシアを行き来するのに超絶お得な「楽天プレミアムカード」

服装

まずは、服装です。

私の場合フライトが快適に過ごせるかどうかは 8 割服装のチョイスにかかってきます。

動きやすい服装

海外旅行にいくとき、すっごいオシャレしていく日本人まだまだ多いです。遠くにお出かけということでテンションが上がって着飾りたくなる気持ちはわかります。

でも、長時間フライトではオシャレよりも快適性が最重要ポイント☝️とにかく、動きやすい服装、体を締め付けない楽な服装がベストです。

ストレッチ素材、ゴムのウエスト、フラットシューズ、履きなれた靴、シワになりにくい素材、などがオススメですよ。

私の場合は、スウェット素材のマキシワンピース、ウエストがゴムのロングスカートなどスカートスタイルがお気に入りです。逆に、ジーンズ素材、重い素材の服、ヒール靴、ゴワゴワする皮素材の服、などはNG。

経験者は語る…。

温度調整のしやすい服装

飛行機の機内の温度は基本的に低めに設定されています。ロングフライトになるほど、肌寒いと感じる人が多いのではないでしょうか。マレーシア行きのフライトも、男性は半袖のツワモノもいますが、女性はほぼ長袖や羽織ものを使用しておられます。

とはいえ、たまになぜか暑く感じるフライトも。寒いと思って着込んでたら途中から汗ばみ出すことがありました。

というわけで、機内ではどんな温度でも対応可能なように、温度調整のしやすい服装がベスト。つまり、重ね着の準備をしておいて、必要に応じて脱いだり着たりできるようにするということです。

by Mike Licht

私の場合、初めは薄い長袖と肌着の二枚で乗り、寒ければその上に前開きパーカーを羽織るのが定番。逆に少し暑ければ長袖Tシャツの袖をまくしあげることで対応しています。

カーディガンを持って乗る方も多いようですが、カーディガンは中に着るものによってはごわごわする感じが嫌なので、いつもパーカーにしています。

男性でも、長袖もしくは半袖で乗って、寒かったらパーカーで対応できると思います。

あと、夏場だと素足という方もおられますが、できればソックスを履いておくことをオススメします。機内では寝るときに靴を脱ぐこともありますし、またソックスを履いておく方が寒い機内の対策になります。

暑ければ脱げばいいので、とりあえず機内にはソックスをもって入ることをおすすめします。

汚れても惜しくない服装

これは、リラックスして過ごすのにとても大切なポイント。

もし高価な服や新品の下ろし立ての服をきて飛行機に乗るとします。そうすると、食事のとき、トイレのとき、寝るときなど、服が汚れないように、変な癖がつかないようにと何かと気を使うんです。

特に新しい服の場合、着なれてないことが災いして余計な疲れにつながります。これは経験済み。着なれていない新しい服で飛行機に乗ったら首周りや腰回りが気になって落ち着かず、常に触って整えていました。

こういうちょっとしたことで、フライトって疲れるものなんです。みなさんも、フライトの際は着なれていて、多少汚れても気にならないくらいの服装を選んでくださいね。

マレーシア観光はシンガポールで乗り継ぎが絶対おすすめ!

座席のチョイス

by abdallahh

私にとって、2番目に重視しているポイントは、座席の位置です。大抵はフライト前のウェブチェックイン、もしくは空港で席を指定できますよね。その際に、自分が快適に過ごせる席を選ぶことでストレスが減ります。

この自分にとっての快適な席というのは人それぞれです。ここで、シートを選ぶ際に考慮すべきポイントをいくつか挙げたいと思います。

トイレの近さ

トイレから近い席がいいか、あるいは遠い席がいいか、これはもう好みですね。

自分はトイレが近いから、トイレのすぐ近くに席があると助かる、という人もおられるでしょうし、反対にトイレの近くだと人が並んだりトイレから臭いが漏れてくるので、できるだけトイレから遠くがいい方もおられます。

キッチンからの距離

特にナイトフライトの場合、キッチンからの距離で作業をする音やCAさんたちの話し声、また食事等の匂いが届くかどうかが決まります。

大抵キッチンの近くにトイレもありますから、食事の匂い+トイレの臭いがまざると私は吐きそうになります。

そのため、私はできるだけキッチンやトイレからは離れた席を確保しますね。

窓際か通路側か

マレーシアへの便は三列シートが多いです。そのため、三席のうちどの席を選ぶかで快適さが変わってきます。

マレーシア⇄日本間は直行便でも7時間ほどかかります。そのため、少なくても一度はトイレを利用する方が多いのではないでしょうか。このトイレへの出入りがかなり鍵になってきます。トイレが近い人はもちろん通路側をとっておくべきですね。

逆に、トイレにあまり行かない方は、通路側にとってしまうと奥の人がトイレに出入りする度に席を立たないといけません。夜のフライトだと熟睡したところを隣の人に起こされる…ということが起きます。トイレにほとんど行かない人は、窓際の席が無難ですね。

それと、もう一つの考慮すべきポイントは寝るときですね。通路側の席だと他の乗客やCAさんが常に行き来しているため、寝顔を見られて落ち着かない可能性が大です。

神経質で気を使う方の場合だと、落ち着いて寝れないことが考えられますね。そのようなタイプの方は、断然窓側の席がオススメです。窓際の席は壁にもたれかかって寝ることもできるので、夜間フライトの場合は特に考慮すべきだと言えます。

機内に持ち込むべき便利グッズ

マレーシアへのフライトは7時間ほどかかるため、食事をしたあとは寝る方が多いです。私も食事のあと少しエンタメを楽しんだら眠気がやってきて、2〜3時間は寝ています。そこで、機内での快適な睡眠にオススメなグッズのご紹介。

アイマスク

まずは、アイマスクですね。私の場合、明るい機内、映画を見ている人の隣、また人がしょっちゅう行き来する機内で落ち着いて寝ることが難しい。そのため、アイマスクは睡眠に必須アイテムとなっています。

過去に、使い捨てのあったかくなるアイマスクを愛用していましたが、これはイマイチでした。ラベンダーとかローズなど香りがするのが売りなんですが、密室の機内では匂いが嫌いな人にとって地獄ですよね。自分自身も袋を開けるときに周りの目が気になってしまいました。

あと、軽すぎてアイマスクしてる感が薄い。個人的には、目を覆うだけでなく、ある程度アイマスクしてる感が強い、少し重みのある素材がベストかな。

ブランケット

次に必須なのがブランケット。特に、LCCと呼ばれるローコストの飛行機ではブランケットが配布されません。

ブランケットは寒いときの防寒になりますし、膝を曲げて寝たい時に足元を隠したり、または腰や首に挟んでクッション代わりに使うことができます。

もしLCCでマレーシアに旅行される際は、必ずブランケットを持参するようにしてください。

ワイヤレスイヤホンもしくはヘッドホン

by JLab Audio LLC

最後にオススメするのは、ワイヤレスのイヤホンもしくはヘッドホンです。耳栓ではなく、あくまでイヤホンです。

昔は耳栓を使っていたんですが、耳栓って意外に付けるのが難しかったり、肝心な人の声を通してしまったりとイマイチな使い心地でした。

最近は、ワイヤレスのイヤホンをして、自分の好きな音楽や映画、もしくはお笑いなんかを流しながら寝ると、すごく寝やすいことに気づきました。

ぜひお試しください。

ただし、ワイヤレスでないイヤホンはコードが無意識に手に引っかかったりして起こされることもありますので、あくまでワイヤレスがオススメです。

機内での過ごし方

機内を歩く

私の中で、快適に過ごすのに一番大切な機内での過ごし方は、定期的に機内を歩くことです。歩くといっても、ただただ歩いていると邪魔になりますので、あくまでトイレという目的をもって歩きます。

最低でも1〜2時間に一回が目安でしょうか。そのため、座席は必ず通路側を確保するようにしています。

夜間フライトでは寝ていて気づかないうちに数時間経っていることがありますが、時々目が覚めたタイミングで必ずトイレに行くようにしています。

とはいえ、ただトイレに行って帰ってくるだけではありません。トイレの周りに少しスペースがありますので、そこで足の筋を伸ばしたり腕を上げたり軽くストレッチするようにしています。

また、あえてトイレから遠い座席を選んで、トイレまで距離を歩くのもオススメ。エコノミー症候群対策にもなります。

ただし、機内が混雑しているときやトイレに長い行列ができている場合はこの方法は使えません。そのようなときは、座席でかかとを軸にしてつま先を上げたり下げたり、また腕や足のマッサージをしたりして対応しています。

寝る

当たり前といえば当たり前ですが、実はこれが一番楽な機内での過ごし方かもしれません。時々いませんか、飛行機が離陸する前から寝ていて、着いたらやっと起きる人。

マレーシアまでは7時間ほどの旅ですから、実はそんなにロングフライトでもありません。飛行機で寝るために、あえて寝不足もしくは徹夜で乗り込む人もいるほどです。

通常は離陸して30分から1時間で食事が提供されます。そのあとはお茶やコーヒーなどがサーブされ、離陸して2時間もすると消灯時間になります。昼間のフライトでも機内が落ち着く時間帯です。その時間帯から寝ると、3時間くらいはしっかり寝れるかと思います。

飛行機で寝れると、あっという間に到着しますし、そのあと元気に旅行することができますね。友人で、ぐっすり寝るためにあえて風邪薬を飲む、というツワモノもいました。そうすると旅行先で元気に動き回れるらしいです笑。

あえて作業する

旅行なんだから、なにもしないでゆったり過ごしたい、と思われるでしょうか。そういう過ごし方もありだと思います。ですが、私はあえて機内で作業することを選びます。

作業といっても、仕事をしろと言っている訳ではありません。例えば、日頃忙しくてできないブログの執筆、iphoneに撮るだけとってメモリーを食っている大量のボツ写真の整理、手紙を書く、などの作業です。

こうした作業に没頭している間に、機内での時間が早く過ぎてくれます。私はいつもipadを持ち込んで作業したり、ダウンロードしておいた映画やお笑いを見たりして過ごします。

ちなみに、機内ではインターネットが使えないことが多いですが、例えば機内でメッセージを書いた場合、着陸後インターネットがつながった時点で送信されますので、機内で書きためることができます。

Kindleで読書

機内は貴重な読書の時間。いつもは忙しくてなかなか本が読めない人なら、「Kindle」を活用して機内で読むのも手です。

文庫本や雑誌はかさばりますし、機内ではよくても旅行先にまで持って行くのは重たくて面倒です。そんなときは、タブレットで読みたい本を購入して事前にダウンロードしておけば解決です。

Kindleであれば紙版の定価より安いことが多いですし、セールも定期的にありますので、紙の媒体よりもメリットが大きいです。

また、wifi環境されあれば海外の旅先からでも購入が可能。ホテルで急に日本の雑誌が読みたくなった、帰りの飛行機で読む本を追加ダウンロードしたい、というときでもすぐに使えて便利です。

私も旅行前にはかなり多めにダウンロードしています。小説系、漫画系、料理系、ホビー系、旅行系、など様々なジャンルの本や雑誌をダウンロードして、気分に合わせて楽しんでいます。

さいごに

機内での快適な過ごし方を解説してきましたが、いかがでしたか?使えそうなアイデアはありましたでしょうか?

マレーシアは日本からそんなに遠い訳ではありませんが、それでも狭い機内で半日以上過ごすのは疲れます。自分にあった機内での過ごし方で、マレーシアへの旅行が充実したものとなりますように。

プライオリティ・パスが使えるマレーシア国内の空港