【 観光 】クアラルンプールで遊ぶ!絶対に外せない観光地は「チャイナタウン」

クアラルンプールのチャイナタウン

クアラルンプールといえば都会のイメージですが、近代的な建物のすぐふもとに古い町並みが残っているのが魅力でもあります。今回は、そんなマレーシア臭さを残した観光地の一つをご紹介。

チャイナタウン

チャイナタウン

photo by IQRemix

チャイナタウンは、クアラルンプールで有名な観光地「セントラルマーケット」からほど近い、ペタリンジャヤ地区にある中華系の商店街です。

安い雑貨やB級グルメを目当てに来る人、また安いホテルを探して来る人も多いエリア。駅からのアクセスも便利です。

チャイナタウンの街並み

日本のチャイナタウンもそうかもしれませんが、クアラルンプールのチャイナタウンもやはり人が多くてごみごみした印象です。

狭い路地に所狭しと商品ワゴンが並べられていたり、中国語での大きな会話があちらこちらで聞こえる。

以前、平日のあまり人がいない時間帯にあえて行ってみたことがありますが、逆に人がまばらで閉まっている店もあり、なんとなく寂しい印象でした。

ローカル食文化にふれる

チャイナタウンの魅力といえば、地元の料理を提供する屋台やローカルフルーツの販売、また有名な中華料理のレストランなどマレーシアならではの中華系文化に触れることができることでしょうか。

チャイナタウンでの食事はお昼から空いている店もありますが、屋台やB級グルメを楽しむには夕方以降がおすすめです。路上にテーブルや椅子が所狭しと並び、にぎやかな雰囲気の中で楽しみます。

イチオシのお店

Koon Kee

KLチャイナタウンのワンタン麺

photo by Jonathan Lin

ワンタン麺の超有名店。チャイナタウンでも屈指の実力と人気かと思います。麺は「ドライ」と「スープ」の2種類から指定。

日本人はワンタン麺スープを頼む方が多いと思うのですが、はっきりいってよりローカル感を味わいたいなら迷わず写真のワンタン麺ドライをオーダーしてください。

現地名:冠記(Koon Kee)

住所:95, Jalan Hang Lekir, Kuala Lumpur 50000, Malaysia

営業時間:10:00~21:50・土日は8:30〜

南香飯店

チャイナタウンのチキンライス

photo by kura-kura

チャイナタウンで鶏飯 ( チキンライス )といえばここ!というほど王道の鶏飯を食べさせてくれるお店。平日に行きましたが、それでも観光客や地元客でいっぱいでした。

nam heongのメニュー

photo by kura-kura

なんと日本語が書いてます!そんなに日本人観光客が押しかけているのでしょうか。そして、思っていたよりも品数が多かったです。でも、ここは迷わず鶏飯を注文。ローストとスチームから選べます。

nam heongのチキンライス

photo by kura-kura

今回は、特別な機会ということで、ローストポークも足してもらいました。豪華なお昼ゴハンです。

現地名:Nam Heong

住所:56, Jalan Sultan, City Centre, 50000 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
営業時間:10:00-15:00
定休日:なし
電話番号:+60 3-2078 5879

みんなの感想

マレーシアのパビリオン行った&行ってみたい クアラルンプール①