絶賛「条件付き活動制限」期間中

マレーシアで実際に使われている中国語でのあいさつ【超基本】

マレー語で「よろしくお願いします」を言いたい!

マレーシアなのに中国語?

マレーシアでは驚くほど普通に中国語が飛び交っています。もちろん地域や接する相手にもよりますが、とにかく大勢の華人の間で中国語が日常的に使われていることに間違いはありません。

ビジネスで接する多くの相手も華人。レストランやお店を経営しているのも多くが華人。というわけで、マレーシアでは中国語を使うことでより会話がスムーズに運ぶ場面がたくさんあります。

今回は、マレーシアで使われている中国語での超基本的なあいさつをご紹介したいと思います。

マレーシアでの中国語を使った基本的なあいさつ

お元気ですか?

你好吗?Nǐ hǎo ma?

ありがとう

谢谢 Xièxiè

おはよう

早安 Zǎo ān

早上好 Zǎoshang hǎo

こんにちは

你好 Nǐ hǎo

你好に関しては、お昼間だけでなくほぼ一日中、いつでも挨拶として使うことができます。あいさつに迷ったら、まずは一言「你好!」から始めるといいかもしれません。

こんばんは

晚安 Wǎn’ān

またね

再見 zàijiàn

ごめんなさい

对不起 Duìbùqǐ

番外編

もうご飯食べた?

你吃了吗? Nǐ chīle ma?

これは少し番外編ですが、マレーシアでは親しい人との間で「もうご飯食べた?」と聞く習慣があります。

中華系マレーシア人の間でも同じような文化がありますので、ぜひ一度親しい間柄の人に対して使ってみてください。きっと喜んでもらえますよ。

関連記事:マレーシアのレストラン・食堂でよく使われる中国語