マラッカ名物チェンドルを食べるなら「ジョンカー88」へ

マレーシアの古都マラッカといえば、ニョニャ料理、プラナカン料理といわれる独特の料理で有名です。

マレーシア国内からだけでなく、海外からの観光客も多く、中にはマラッカの美食を目指してやってくる人もいるほど。

今回は、そんなマラッカでマレーシア風かき氷「アイスカチャン」「チェンドル」と呼ばれるデザートが人気のお店をご紹介したいと思います。

暑いマレーシアで観光に疲れたら、ぜひ立ち寄ってひんやりおいしいデザートを食べ、体を休めてくださいね。

ジョンカー88とは

ではまずは今回ご紹介するジョンカー88について、基本情報をお伝えしたいと思います。

場所はジョンカーストリートと呼ばれるマラッカ随一の観光地にあります。有名なオランダ広場から徒歩5分で、観光のついでに気軽に立ち寄ることのできる立地条件です。

お店の奥まで入って、作っている人に直接声をかけてオーダーしてください。オーダーを終えたら、お会計は手前に会計専用の方がいて、そこで支払いします。

ちなみに、有名なお店ですのでいつ行っても混んでいることが多いです。オーダーしてお会計したものの席がない!なんてことも。

実際私も席がないことがありましたが、適当に場所を見つけて立ち食いしました笑。お店の人も別に気にしていませんでしたし、繁盛店ならではの人混みで往来する人に紛れて立ちながらでもしっかり食べれました。

立ち食いが嫌な方は、まず席が空くまでオーダーせずに待つことをお勧めします。席が空いたらとりあえず人数分の椅子を確保してくださいね。

とりあえずいつも満員のことが多いので、相席になる覚悟で行かれる方がいいかもしれません。

かなり年季の入った店内。レア物?ぽい装飾品が多数飾られている。

店名:Jonker 88
住所:88, Jalan Hang Jebat, 75200 Melaka
電話番号:019-397 5665
営業時間:日~木 9時30分~18時00分
金土 9時30分~21時00分

詳しい場所は下記地図をご確認ください。

人気のチェンドルとは

ではいよいよ、ジョンカー88で一番人気のチェンドルをご紹介したいと思います。

チェンドルとはこんなデザート。

マラッカのジョンカー88のチェンドル

チェンドル(cendol)はかき氷にココナッツミルク、グラマラッカ(黒蜜)、ゆで小豆、緑のゼリーをトッピングした冷たいデザート。

喉越しが良くさっぱりしているものの、ココナッツや黒蜜の甘みプラスゆで小豆で満足度の高い一品に仕上がっています。

実はマラッカだけではなく、マレーシア全土、インドネシア、シンガポール、ベトナムなどでも似たような(様々なバリエーションの)デザートがあるようです。

店内を見回したところ、ほぼほとんどのテーブルでこのチェンドルを食べている人を見かけました。

チェンドルを数種類頼んでシェアしているグループ、カップルでラクサとチェンドルどちらも並べている人など様々でした。

ジョンカー88で食べれるメニュー

チェンドルを始め、アイスカチャン、ラクサなどが売っています。基本のチェンドルはなんと3リンギット(約 Open Currency Converter Error: No number supplied for conversion 円)。

他のかき氷系メニューもだいたい3〜5リンギット(約 130 円)が多いですね。

ラクサもマレーシアを代表する食べ物の一つ。マラッカのラクサはまた他の場所と一味違うニョニャラクサ。

ジョンカー88でも3種類のラクサを販売しています。それぞれ10.5リンギット(約 272 円)です。

ジョンカー88で食べた人の感想

では、最後にジョンカー88で食べた人の感想を集めました。参考にしていただければと思います。

ざっくり訳すと、とにかくここのアッサムラクサが一番美味しい!別格!と褒めちぎってます。

マラッカに来たらぜひここに寄ってね!全部美味しい!って!

さいごに

マラッカで美味しいチェンドルが食べれる有名店ジョンカー88をご紹介しましたが、いかがでしたか?気に入っていただけたでしょうか?

もしかするとマレーシア観光といえばクアラルンプール周辺をみて帰られる方が多いかもしれませんが、実はマラッカはクアラルンプールとは全く違うマレーシアを発見できるおおすすめの観光地です。

美味しい食べ物もたくさんありますし、独特の文化が発展していてとても興味深い町マラッカ。次のマレーシア旅行の際には、ぜひマラッカに立ち寄られてはいかがでしょうか。

関連記事:マレーシアで絶対に食べて帰って欲しい「バクテー(肉骨茶)」とは?