マレーシアでの犯罪に対する心構え

残念なことですが、東南アジアで比較的安全と言われるマレーシアでも犯罪は日常茶飯事です。

事件は大きな都市でも小さな町でも起きています。地元の新聞をみると、毎日何かしら犯罪のニュースが取り上げられています。

だったらマレーシアはやめておこう、そう思われた方はやめておかれた方が賢明かもしれません。

マレーシアでの運転、道路上の危険がいっぱい!

マレーシア移住ブームに潜む危険

by pixabay

最近マレーシアに移住をすすめるようなサイトや本、メディアがあふれています。なんでも「移住したい国 No.1 」らしいですね。

マレーシアが「安全」、「比較的犯罪が少ない」ことも理由の一つのようです。

ですが、そういったメディアの情報をうのみにして、海外経験の少ない方がきてしまうとこんなことが起きます。

  • レストランで座席を外すときに貴重品の入ったカバンを置いていく ( ← 置き引きの危険 )
  • 車やバイクの往来がある道でバッグを車道側に下げて無防備に歩く ( ← ひったくりの危険 )
  • 銀行や ATM でお金をおろすときに周りを確認しない ( ← 強盗にあう危険 )

こういった事件は実際のところ結構起きています。日本のニュースにはならないかもしれませんが、マレーシアにいると周りから情報が入ってきます。

ちなみに、上にあげた犯罪は日本人が被害にあったケースです。

ツイッターに上がっている犯罪のケースもいくつか載せてみたいと思います。

ショッピングモールのエスカレーターでひったくられたケース。誰もがターゲットになり得ますが、日本人とあからさまにわかる言動は避けたほうが無難かもしれません。