マレーシアで現地の人がもらって喜ぶ日本のお土産10選

マレーシアの現地の人に喜ばれるお土産

海外に持って行くお土産、迷いませんか?人種も文化も違う国の人に渡すお土産、選ぶのに一苦労する人も少なくありません。

今回は、マレーシアに長期滞在している経験から、現地の人に実際に渡して喜ばれたお土産をご紹介したいと思います。

マレーシアと一口にいっても中華系、インド系、原住民、など民族がそれぞれ。また年齢や性別、好みも人それぞれなのは否めません。

そのためここで挙げているお土産がすべての人に喜ばれるかと言われると困りますが、少なくとも実際に気に入ってもらえたお土産だけを厳選して載せています。

マレーシアへのお土産を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

おすすめ!外さないお土産10選

1. おもしろ消しゴム (イワコー)

日本で種類も豊富に売られている「おもしろ消しゴム」。日本人にとってはごく普通の商品かもしれませんが、マレーシアの人にとっては芸術品!

まるで本物と見まがう作りに驚かれること間違いナシです。

2. ブルボンプチシリーズ

軽くて小さくてかさを取らないので、できるだけ荷物を増やしたくない海外へのお土産にぴったりです。しかも、意外と割れにくい。

大袋入りのおかきよりもパッケージもかわいく、特に女子受け間違いなしです。

3. ミニラムネ (オリオン)

ミニラムネもみんなに受けのいいお土産の1つ。マレーシアにはないタイプの商品です。パッケージにひかれるのと、小さいラムネがたくさん入っているのがうれしいみたい。

私はコストコでオリオンのミニラムネ大容量を買ってきます。

50個も入ってるので、ばらまき土産としても最高。しかもバラエティがあるので、選ぶ楽しみも。

4. 折り紙・千代紙

定番中の定番ですが、紙類が高く貴重なマレーシアでは特に喜ばれます。どうやって使うの?と聞かれるので、鶴なんか折ってあげるとそれだけでぐっと距離が縮まるかも?!

友人が折り紙でこんな感じの薔薇を作ってくれました。マレーシアに持っていってプレゼントすると思いのほか喜ばれてびっくり!

やはりマレーシアでは折り紙で物を作るという文化はまだまだ珍しいようです。

5. ボールペン

日本の物なら、どのメーカーの物でも喜ばれると思います。安いフツーのボールペンに感動されますよ。

マレーシアの製品はすぐにかけなくなったり書き心地がよくなかったりと、改めて日本の製品のすばらしさを痛感します。

6. モノ消しゴム

消しゴムと言えばモノですよね。シンプルながら最高の消し心地。日本ではその価値を認識することなく当たり前のように使ってますが、マレーシアの人にとっては貴重な贈り物になります。

軽い、小さい、かさばらない上に、お値段も安いのでたくさん買えます。

7. 包丁

え?包丁?と驚かれたでしょうか。実は最近日本の包丁がすごい!とこちらでも評判になっているようです。現地の方から「日本から包丁持って帰ってきて!お金払うから!」と頼まれるほど。

安い買い物ではありませんが、いつもお世話になっている方や親しい家族へのお土産にはいいですね。

8. チョコレート

日本のチョコレートはやはり根強い人気です。上品な甘さが受けるのでしょうか。迷ったらチョコ!

ルックは比較的お値段もリーズナブルで、手軽なお土産として活躍します。種類も豊富ですしね。

王道を行くなら、ロッテアーモンドチョコでしょうか。こちらの方には「必ず冷蔵庫に入れて冷やして食べてね」と念を押しています。

9. インスタント味噌汁

意外と現地の方に受けてびっくりなのがインスタント味噌汁。別に種類は問いません。私がお土産に差し上げたのは一番シンプルなワカメ入りのタイプです。

マレーシアにも食事にスープを付けるという食文化があるので、お湯を注ぐだけで食事に添えられるインスタント味噌汁は重宝されるのかもしれません。

10. 水筒・マグボトル

日本の水筒、ステンレスボトル、マグボトルも大人気のお土産です。

写真は象印ですが、メーカーの商品に限らず、ホームセンターやイオンで売っているような安い製品でも大丈夫です。

こちらではこういう保温タイプのボトルが尋常ではないくらい高いので、日本では安い商品でもこちらの方には本当に喜ばれます。

さいごに

今回は、マレーシアの現地の人が喜ぶ日本のお土産をご紹介してみました。

もちろん、これ以外にも毎回手を変え品を変え、いろいろなお土産を試してみるのですが、今回は鉄板で喜ばれるお土産を中心にご紹介しました。

マレーシアの友人に渡すお土産に迷われたら、ぜひ参考にしてくださいね。