コタキナバルの回転寿司、「寿司三昧」と「すし亭」を食べ比べしてみた!

マレーシアのボルネオ島にあるコタキナバルは、日本からたった6時間半でいける常夏リゾートです。

日本からの観光客以外にも、韓国や中国、台湾、シンガポール、ブルネイなどの観光客に人気で、レストランや食堂も多く、海沿いのシーフード屋台も賑わっています。

そんなコタキナバルですが、最近日本風の回転寿司が流行っていて、幾つもの会社がショッピングセンター内に競い合って出店を続けている状況です。

今回は、コタキナバルに現在出店している回転寿司の中でも人気の「寿司三昧」と「すし亭」で食べ比べした結果をご紹介したいと思います!

ちなみに今回試したのは、コタキナバルの中心部に位置する「スリアサバ」という比較的新しいショッピングセンター内に出店しているお店です。

※同じお店でも店舗によって味やサービスに違いがあるかもしれませんので、ご了承ください。

エアアジア機内食のメニューと値段 (2019年1月版)

お店の基本情報

両店とも、スリアサバというショッピングセンターの中に位置しています。

コタキナバル国際空港からは車で20〜30分ほどでしょうか。旅行者でもGrabという配車アプリを使うことで簡単にたどり着くことができるかと思います。

周りにはホテルやレストラン、お店も多く、またリゾートアイランドに向かう船着き場からもほど近い場所にあります。

営業時間:寿司三昧 10時00分~22時00分
すし亭 11時00分~22時00分

お店の雰囲気

まずは両店のお店の雰囲気をご紹介したいと思います。

ショッピングセンターの中にあるということもあり、また新しいショッピングセンターということで両店ともかなりきれいで清潔な雰囲気でした。

寿司三昧の店内の様子

こちらはテーブル席。木製のテーブルと椅子にシックな座面。店内の装飾も和モダンな感じで、まるで日本にいるかのような雰囲気が落ち着きます。

時間帯が中途半端な時間だったため、回転ベルト上のお寿司はまばらでした。食べたいお寿司は店員さんを呼んで各自オーダーする形でした。

カウンターの中には寿司職人?さんたちが何人かおられて、注文すると新鮮なお寿司を握ってくれます。

まるで日本のお寿司屋さんのように、ケースの中に美味しそうな魚が綺麗にさばいた状態で置かれています。

すし亭の店内の様子

すし亭はお店の雰囲気が寿司三昧よりも高級な感じでしょうか。メニューを見てみると、握り寿司一つをとっても価格帯に幅がある感じです。

取り皿は陶器を使った純和風で、高級感があります。

写真をよく見ていただくと分かるかと思いますが、すし亭には無料でガリが置いてありました!寿司三昧ではガリがなくてがっかりしていたので、すし亭でガリを見つけた時にはテンションが上がりました笑。

隣に人がおられた関係で店内の写真があまり取れませんでしたが、全体的なお店の雰囲気はすし亭の方がよかったですね。

店員さんの雰囲気、高級感、落ち着いた内装、などさすがすし亭という感じでした。雰囲気だけで行くと断然すし亭でした。

では、次は肝心のお寿司をご紹介したいと思います。

寿司三昧のお寿司

見てください、このサーモンのツヤと赤み。みるからに美味しそうですよね。運ばれてきたお寿司を見たときは感動でした〜。そして口に入れてさらに感動。厚みがありつつもとろけるような美味しいサーモンでした。

イカも安定の美味しさ。マレーシアで美味しいイカのお寿司を食べた記憶があまりないのですが、このイカは日本の百円寿司より美味しかったかも。

巻物系も結構充実していましたよ。他にもかんぴょう巻、納豆巻、玉子巻などがありました。お値段もリーズナブルでした。

ご紹介した他にも色々食べましたが、総合的にみて日本人でもある程度満足できるお寿司を提供していると思いました。

すし亭のお寿司

すし亭でも、サーモンとイカを注文して見ました。写真で見た感じはいかがでしょうか?ちょっとネタが薄め?色もパッとしない感じ?

食べてみると、やはり不安は的中。いまいち感が否めません。すし飯は酢が効いておらず、味のチェックがしっかりなされてないようでした。それか地元にはこのくらいの味が受けるのか?

すしネタもまずいわけではないものの、寿司三昧と比較すると完全に負けている印象でした。すし亭に先に来ていたらそれなりに食べれたかもしれませんが、先に寿司三昧の寿司ネタが美味しいのを確認しているので、余計にがっかりしたのかもしれません。

ハマチに至っては一皿7.8リンギット(約 203 円)した割にこんなしょぼい感じ。ネタは薄く、色合いも悪い。実食すると、やはり思った通りの残念なお味でした。

マグロはそこそこ。でもすし飯がいまいちなおかげで全体的に味がぼやけた感じに。残念すぎます。

すし亭のわさび。容器の蓋を開けたらコロンと丸められたわさびが入っておりました。ナニコレ。やめた方がいいよ。

全体的な感想

寿司三昧とすし亭のお寿司を紹介して来ましたが、いかがでしたか?

きっと皆さんもお気づきと思いますが、お寿司の味は寿司三昧に軍配です。全体的にネタが分厚く、フレッシュな印象でした。また、安い値段帯のチョイスが多く、たくさん食べたい方にもおすすめ。

ただし、店員さんの動きや雰囲気はいまいちだったので、本当にお寿司だけで選ぶなら寿司三昧という感じでした。

逆にすし亭はお店の雰囲気が抜群によかった。店員さんもよく訓練された感じで、動きがテキパキしていました。

新人さんもわからないことはしっかりと上の人に確認しながら対応していましたし、流れている音楽のチョイスもよかったですね。ゆったりとした雰囲気を楽しみたい方はすし亭の方がいいかもしれません。

今回はお寿司以外には手を出さなかったので、他のメニューの比較はできず申し訳ありません。

あと、タイミングにもよると思いますが、どちらかというと寿司三昧の方が子連れやカジュアルな雰囲気の客層だった気がします。

店員さんも含め、ガチャガチャした雰囲気がありました。そういう雰囲気が苦手な方は、すし亭をおすすめします。

関連記事:マレーシアでクラブラウンジ・クラブフロア・エグゼクティブフロアが利用できるホテルの一覧