マレーシア土産の超定番②「ボーティー」

ボーティープランテーション

ボーティーとは

英語で「BOH TEA」。紅茶です。マレーシアが紅茶の産地?と不思議に思われるかもしれません。あまり有名ではないですよね。ですが、実はマレーシアのキャメロンハイランドは一級紅茶の生産地なのです。

キャメロンハイランド

紅茶通の間では、ボーティーがマレーシア王室だけでなく、イギリス王室でも愛されているというのは有名な話。「幻のアジアンティー」とも呼ばれているそうです。

ボーティーの種類

スーパーマーケットなどでボーティーを探すと、大きな売り場面積を占めていることが分かります。日本では、紅茶売り場は大きいですが、各銘柄の紅茶はそれぞれ小さな売り場面積ですよね。

ところが、マレーシアの紅茶コーナーではボーティーがめちゃくちゃ幅を利かせています‼️

それもそのはず、種類がとても多いんです。味の種類もそうですが、大袋から小袋まで大家族からシングル?家庭まで国民のニーズに合ったサイズの紅茶が所狭しと並んでいます。

さらに、紅茶カップ用のティーバックから、紅茶ポット用のもの、茶葉のもの、などにも分かれていますね。

おすすめは?

キャメロニアン

デイリーユースにおすすめな、ベーシックなボーティーの種類はこちら。「 Cameronian ( キャメロニアン ) 」。

お値段もリーズナブルながら、パーッケージがゴールドというのもテンション↗︎😊香り高いながら主張しすぎないボーティーの良さが出ています。

時間が経っても苦味が出ないのもおすすめポイント。自分用はもちろんのこと、お土産にも十分使えます。

ガーデンティー・グヌンチャンテッ

次におすすめするのはこちら、缶入りのボーティ。( GardenTeas Gunung Cantik )

Zinayraさん(@zinayralove)がシェアした投稿

これはもう、お土産に最適ですね。パッケージもかわいいし、中身は茶葉になっていて、本格的に紅茶を楽しみたい方へのプレゼントにぜひぜひおすすめです。

やはり茶葉から入れると香りが違いますね。他のボーティーに比べると少し高めですが、それでも一缶10-13RM ( 約 361 円 ) ほどです。いつもお世話になっている方へのお土産にいかがでしょうか?

フレーバーティー

わたしが日本に買って帰るのに、絶対外せないのがこちらのフレーバーティーです。

naoさん(@naorangemania)がシェアした投稿

特に気に入っているのはパッションフルーツです。とはいえ、相手によってやはり好みがあるので、いつも大体いくつか種類を買って帰って、どれがいいか選んでもらうようにしています☺️

フレーバーティーだけでも本当に種類がたくさんあって、いつも目移りしちゃいます。結果あれもこれも買って帰っちゃうんですよね😅

3 in 1 シリーズ

最後に取り上げるのはマレーシアで大人気の「 3 in 1 」タイプのボーティーです。スティック状の個装に砂糖やミルクなど配合されていて、カップにあけてお湯を注ぐだけで完成。

日本でいうところの、紅茶花伝のような感じでしょうか。甘めだけど、疲れているときには飲みたくなる💕そんなお味かと思います。特に、冬に日本に帰る際のお土産におすすめです!

すごくたくさん種類がありますので、一つずつ試してみるのも楽しいかも☺️

みんなの感想

関連記事のIDを正しく入力してください