【 悲報 】マレーシア、セパン・インターナショナル・サーキットでのF1-GP、終了していた

マレーシアのF1

日本に続く、アジアで 2カ国目の F1開催国として注目を集めていたマレーシア。2017年をもって F1 開催が終了、という悲報が飛び込んできました。

飛び込んできた、といいますか、つい先ほど気づいた次第です…。きっと世界中の F1ファンはもう去年から知っていたニュースでしょうね。( 実は 2016 年の終わりから出ていた情報でした。)

ですが、セパンで F1が開催されなくなった、なんてちょっと個人的に信じたくないニュースでしたので、改めて取り上げてみたいと思います。

セパン・インターナショナル・サーキット

セパン・インターナショナル・サーキット

マレーシアで F1が開催されていたのは、「セパン・インターナショナル・サーキット」です。

コースの全長は 5543 mで、周回数は 56 周。

初開催は 1999 年で、19 年の歴史に幕を閉じた訳です。

2018 だったらちょうど 20 周年なのに?と思いましたが、終了を 20 周年に合わせる必要もないか😅

終了のワケ

どうやら、増大するコストに減少する観光客 ( 収入の減収 ) が主な原因のようです。

マレーシアの観光文化相が公表したところによると、年間 3 億リンギ ( 約 814,136,403 円) ものお金を費やしていたそう。

兼ねてから将来が不透明な先行きとなっていたようですが、この度契約の更新を断念したのは、「 F1開催にかかる経済的な負担が大きく、 その割に見返りがない」という理由を挙げています。

今後のセパン・インターナショナル・サーキットの行方は?

もうこれで、セパン・インターナショナル・サーキットは閉鎖されるのか、と心配しました。ですが、よくよく調べてみると、「 F1マレーシアGP 」の開催が終了しただけで、サーキットそのものが閉鎖される訳ではないようです。

ロードレース世界選手権、「 MotoGP 」は今年も同サーキットで開催されています。

みんなの声