マレーシアでは忘れずに「鶏飯 ( チキンライス ) 」を食べて帰ってください

チキンライス

チキンライスとは

週に一度は食べるというくらいはまっているチキンライス。美味しいお店は人であふれています。

マレーシアには数多くのチキンライス屋さんがありますが、お店によって使用している鳥の品質やタレの味、またチリソースの味が違います。そのため、地元民はそれぞれお気に入りのチキンライス店があるほど。

チキンライスは英語名。中国語では鶏飯(チーファン)、マレー語では Nasi Ayam といいます。名前が少し紛らわしいですが、日本でよくある、ケチャップのチキンライスとは全くの別物です。

チキンライスはどんな料理?

マレーシアのチキンライスは、中国の海南 ( ハイナン ) 地方出身の料理。

マレーシアのチキンライス

一羽丸ごとゆでた鶏肉をぶつ切りにし、そのゆで汁で炊いたご飯に盛りつけます。 さらに、その鶏ガラで作ったスープや独特のチリソースが付いてきます。

お店によっては蒸し鶏とロースト鶏の二種類を置いてることもあります。私はどちらかというとローストが好きですが、地元の方はみなさん蒸し鶏を選ばれますね。蒸し鶏こそ、ザ・ハイナンチキンライスという感じなのでしょうか。

マレーシアのフードコートやホーカーズ(屋台街)には必ずチキンライスショップがある、というほどポピューラーで一般的なメニューです。

マレーシアのチキンライス

店の前面には、調理された鶏が丸ごとつり下げられているので初めて見る方は驚かれます。

チキンライスのテイクアウト

こんな風に容器に詰めてもらって、お弁当として持って帰ることも可能ですよ。