マレーシア版中華だしの素「チュクップ・ラサ」

マレーシアの中華だし cukup rasa

マレーシアでも日本のように化学調味料があふれています。日本ですと、中華だしの素、ブイヨン、コンソメキューブ、味の素、鶏がらスープなどがありますね。

マレーシアでも同じような使い方をする化学調味料がたくさんあります。もちろんこうした調味料は健康のために使わない方も多いと思いますが、今回はマレーシア情報の1つとして、マレーシアで売れている化学調味料「チュクップ・ラサ」をご紹介しますね。

我が家がマレーシアで使ってるお酢は「白米醋」

知らない人はいないマギーの化学調味料

マレーシアで有名な会社の一つはマギー(Maggie)です。

マギーは化学調味料そのものの製造・販売だけでなく、ラーメンの会社としても有名です。日本でいうところの、味の素社が味の素ラーメンを販売しているような感じでしょうか。

マギーの化学調味料の中でもとりわけ広く一般的に使われているのが、写真に写っている「 Cukup Rasa ( チュクップラサ ) 」ですね。

野菜炒めの味付けにどの調味料がいいかな?と地元の方に聞いたところ紹介されたのがこの「Cukup Rasa」でした。

そしてスーパーに探しに行くと、なんと調味料コーナーを独占するかのように所狭しと売られていました!本当に大人気なんでしょうね。

使ってみた感想

マレーシアの調味料チュクップラサを使った野菜炒め

実際に野菜炒めやスープに使ってみました!日本の中華だしの素とは味の深みは違いますが、しっかりと味はつきます。

日本のものより少し甘い感じでしょうか。使い心地もサラサラと顆粒タイプで特に野菜炒めやチャーハンのような炒め物に向いている感じ。うん、悪くはないですね。

日本からわざわざ中華だしを持ってくるのが難しい方や、次回帰国までにとりあえず現地の調味料を、という方にはおすすめです。

ちなみに、私が購入したものは 200 g 入って 3 RM ( 約 81 円 ) 弱でした。日本の中華だしと比べるとかなり安く手に入れることができます。

関連記事:一時帰国におすすめの滞在先は10種類以上?!