マレーシアで買えるビールの種類

マレーシアは常夏。年がら年中、街角の食べ物屋さんやビーチ、バーなどでビールを飲んでいる人を見かけます。今回は、マレーシアで飲めるビールの種類について取り上げたいと思います。

マレーシアのコピティアムマレーシアのお店で飲めるコーヒー&紅茶の種類がとんでもない件

マレーシア製造のビール?

まずは素朴な疑問、マレーシアはイスラム国だけど、ビールを製造しているのでしょうか?答えはYes。実は、マレーシア国内では2社が国の認可を受けてビールを製造しています。

その2社とは「カールスバーグ(Carlsberg) 」と「ギネス(Guinness)」。そう、あの世界のカールスバーグとギネスです。どうりで町中でカールスバーグとギネスの看板を良く見かけるわけです。

ちなみに、会社としては2社ですが、この2社によって様々なブランドのビールが生産されています。たとえば、マレーシアでよく飲まれているTiger、Budwiser、アサヒスーパードライ、Royal Stout、ハイネケン等は上記の2社が製造しています。

とはいえ、マレーシアには実は地ビールなるものも存在している模様。この手の情報は、地元の方に確認するのが一番だと思いますが、まだ確認できていません。地ビールに詳しい方、情報があればぜひよろしくお願いします。

輸入ビールも多数

ところで、ビール製造会社が2社だけとはいえ、マレーシアでは多くの種類のビールが輸入されています。上の写真に写っている中ですと、シンガポールのアンカー(ANCHOR)、デンマークのスコール(SKOL)あたりが輸入でしょうか。

他にも中国の青島ビール、中国のKingway、タイのCHANGビール、フィリピンのSam Miguer、スペインのBurge Meester、ボストンのWalton、オランダのHollandiaなどがあります。

こうした輸入ビールは総じてマレーシア産のビールよりも安いことが多く、地元の人たちは安い輸入ビールに頼っている傾向がみられます。

ビールの値段

マレーシアのビールの値段ですが、スーパーなどで購入すると、日本のビールと同じかそれ以上に高い値段に驚かれることと思います。

普通に一本7リンギット(約 190 円)くらいします。最初はびっくりでした。

マレーシアの物価と比べると、ビールが飛び抜けて高いと感じます。ベトナムやフィリピン、中国やタイなどアジアの各国はビールが安いことで有名ですが、マレーシアはなぜか高い。

イスラムの国だから仕方ないのかもしれませんが、それでも同じイスラム国であるインドネシアと比べてもやはりマレーシアの方が断然高いです。

もし、マレーシアで安いビールが飲みたい場合は、免税でお酒が安くいただけるランカウイ島に旅行されることをおすすめします。ランカウイなら、一本50円くらいで飲めた!という声を聞きますよ。

ランカウイ島の情報はこちら→ 【観光】マレーシアで一番すごい橋「ランカウイスカイブリッジ」

60代〜70代でも楽しめる!シニア世代におすすめのマレーシア旅