マレーシアの最新情報はTwitterで

空心菜は根元をバッサリ切り捨てる【料理】

マレーシアでよく食べられている野菜の空芯菜

マレーシアでよく食べる空心菜

「空心菜 ( クウシンサイ ) 」、または「カンコン」。日本では沖縄など暖かい地方でよく食べられていますね。ヨウサイと呼ばれているかと思います。

マレーシアでも空芯菜は値段が安くて、それでいて鉄分などの栄養が豊富で主婦の味方!マレーシアでもっとも食べられている野菜の一つだと思います。

最初はレストランでばかり食べていましたが、スーパーだとかなり安い。日本でいう 2 束か 3 束はある大きさで 50 円くらいです!

空芯菜、料理して見たところ。。。

日本で空芯菜という野菜を見たことがなく、マレーシアで初チャレンジしてみることにしました。

とりあえずは簡単に、レストランでいつも食べていた、中華風の炒め物にすることに。

洗って小松菜のようにざく切りにしてあとは炒めるだけ〜。簡単簡単なんて思いながら料理しました。火の通りもよく、二、三分でできあがり。

香りに使ったニンニクも効いていい匂い〜。というわけで早速食べてみると…?! ところどころ硬い…すごい繊維質でとても食べられたものではありませんでした。

空心菜の正しい使い方

そんなわけで、1回目の空芯菜炒めは見事に失敗でした。地元の友人にあとから聞いた話ですが、実は空心菜は根元からかなりばっさり切り落として、上の柔らかい部分だけを食すそうです。

ほんとの根っこ部分だけ切り落としてあとは全部使っていた私。どうりで硬かったはずです。

最近もう一度チャレンジ。地元の方の指示通りに根元から硬そうな部分を 15 センチくらい切り落として使いました。

すると今度は大成功…!美味しくいただきました。

空芯菜kankong

写真の中に太い部分が残っていますが、柔らかい部分であれば大丈夫です。気になる方は太めの部分をさらに縦に半分にカットしてお使いください。

やっぱり地元野菜の使い方は地元に聞くのが一番ですね〜。野菜を購入するお店で聞くのがおすすめですよ。

関連記事:マレーシアはノニの実が自生!自家製ノニジュースも作れちゃう?!